3回4Kの好投 巨人ドラ1桜井に「打たれない3つの秘密」

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位・桜井俊貴(22=立命大)が、初めて対外試合に登板した。23日の韓国・KIA戦で先発。3回を2安打4奪三振で1失点。二回までに4三振を奪った。1失点の場面は「ゴロを打たせようと思って右中間に持っていかれた。投げ急がないという課題は克服できたが、(打たれた球は)ちょっと高いかなと。(次回の登板は)低めに投げることを徹底していきたい」と反省しながらも、「今日は球にキレがあった。コントロール重視でいいコースに決まってくれた。低めに決めるのをテーマにしていた」と手応えを感じた様子だった。

 直球は140キロを超えるか超えないか。130キロ台も多いが、打者はなぜか差し込まれたり、タイミングが合わなかったりする。打てそうで打てない投手ともっぱらだ。以前、桜井は「球速は気にしていません。打者に速く見せることを考えているので。投球フォームに緩急をつけています。足の着き方を短く速くしてみたり、足を上げる時間を変えてみたり。いろんなところで緩急をつけているんです」と一端を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る