3回4Kの好投 巨人ドラ1桜井に「打たれない3つの秘密」

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位・桜井俊貴(22=立命大)が、初めて対外試合に登板した。23日の韓国・KIA戦で先発。3回を2安打4奪三振で1失点。二回までに4三振を奪った。1失点の場面は「ゴロを打たせようと思って右中間に持っていかれた。投げ急がないという課題は克服できたが、(打たれた球は)ちょっと高いかなと。(次回の登板は)低めに投げることを徹底していきたい」と反省しながらも、「今日は球にキレがあった。コントロール重視でいいコースに決まってくれた。低めに決めるのをテーマにしていた」と手応えを感じた様子だった。

 直球は140キロを超えるか超えないか。130キロ台も多いが、打者はなぜか差し込まれたり、タイミングが合わなかったりする。打てそうで打てない投手ともっぱらだ。以前、桜井は「球速は気にしていません。打者に速く見せることを考えているので。投球フォームに緩急をつけています。足の着き方を短く速くしてみたり、足を上げる時間を変えてみたり。いろんなところで緩急をつけているんです」と一端を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る