• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3回4Kの好投 巨人ドラ1桜井に「打たれない3つの秘密」

 巨人のドラフト1位・桜井俊貴(22=立命大)が、初めて対外試合に登板した。23日の韓国・KIA戦で先発。3回を2安打4奪三振で1失点。二回までに4三振を奪った。1失点の場面は「ゴロを打たせようと思って右中間に持っていかれた。投げ急がないという課題は克服できたが、(打たれた球は)ちょっと高いかなと。(次回の登板は)低めに投げることを徹底していきたい」と反省しながらも、「今日は球にキレがあった。コントロール重視でいいコースに決まってくれた。低めに決めるのをテーマにしていた」と手応えを感じた様子だった。

 直球は140キロを超えるか超えないか。130キロ台も多いが、打者はなぜか差し込まれたり、タイミングが合わなかったりする。打てそうで打てない投手ともっぱらだ。以前、桜井は「球速は気にしていません。打者に速く見せることを考えているので。投球フォームに緩急をつけています。足の着き方を短く速くしてみたり、足を上げる時間を変えてみたり。いろんなところで緩急をつけているんです」と一端を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る