3回4Kの好投 巨人ドラ1桜井に「打たれない3つの秘密」

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位・桜井俊貴(22=立命大)が、初めて対外試合に登板した。23日の韓国・KIA戦で先発。3回を2安打4奪三振で1失点。二回までに4三振を奪った。1失点の場面は「ゴロを打たせようと思って右中間に持っていかれた。投げ急がないという課題は克服できたが、(打たれた球は)ちょっと高いかなと。(次回の登板は)低めに投げることを徹底していきたい」と反省しながらも、「今日は球にキレがあった。コントロール重視でいいコースに決まってくれた。低めに決めるのをテーマにしていた」と手応えを感じた様子だった。

 直球は140キロを超えるか超えないか。130キロ台も多いが、打者はなぜか差し込まれたり、タイミングが合わなかったりする。打てそうで打てない投手ともっぱらだ。以前、桜井は「球速は気にしていません。打者に速く見せることを考えているので。投球フォームに緩急をつけています。足の着き方を短く速くしてみたり、足を上げる時間を変えてみたり。いろんなところで緩急をつけているんです」と一端を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る