• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V3目指す工藤ソフトB キャンプ“ほぼ満点”のどっちらけ

 日本一3連覇を目指すソフトバンクが29日、宮崎キャンプを打ち上げた。就任2年目の工藤公康監督(52)は「想像以上。デキとしては95点をあげてもいい」と満足そう。キャンプの投打のMVPに和田毅(35)と松田宣浩(32)の名前を挙げた。

 5年ぶりに古巣に復帰した左腕の和田は実戦2試合に登板して計5回を無失点。松田はムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

 昨季までの主砲、李大浩(イ・デホ)が米球界へ移籍。打線の中核を失っても、どうってことはない。昨季二軍で本塁打王、打点王の2冠を獲得したカニザレス(36)が実戦で本塁打を放つなど、助っ人勢も層が厚いからだ。

 右肩手術からの復活を目指す松坂は「投げる、走るは十分できた」と宮崎に残留し、3日の練習試合に登板予定。ただ、現有戦力に死角はないだけに、復活してもしなくても大した問題ではない。

「ここでの準備はほぼできた。V3を達成できるのは、自分たちしかいない」と自信満々の指揮官。他の追随を許さない分厚い選手層を誇るチームが、満点に近いキャンプを送ったとすれば、今年も福岡のファン以外は面白くないシーズンになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る