V3目指す工藤ソフトB キャンプ“ほぼ満点”のどっちらけ

公開日: 更新日:

 日本一3連覇を目指すソフトバンクが29日、宮崎キャンプを打ち上げた。就任2年目の工藤公康監督(52)は「想像以上。デキとしては95点をあげてもいい」と満足そう。キャンプの投打のMVPに和田毅(35)と松田宣浩(32)の名前を挙げた。

 5年ぶりに古巣に復帰した左腕の和田は実戦2試合に登板して計5回を無失点。松田はムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

 昨季までの主砲、李大浩(イ・デホ)が米球界へ移籍。打線の中核を失っても、どうってことはない。昨季二軍で本塁打王、打点王の2冠を獲得したカニザレス(36)が実戦で本塁打を放つなど、助っ人勢も層が厚いからだ。

 右肩手術からの復活を目指す松坂は「投げる、走るは十分できた」と宮崎に残留し、3日の練習試合に登板予定。ただ、現有戦力に死角はないだけに、復活してもしなくても大した問題ではない。

「ここでの準備はほぼできた。V3を達成できるのは、自分たちしかいない」と自信満々の指揮官。他の追随を許さない分厚い選手層を誇るチームが、満点に近いキャンプを送ったとすれば、今年も福岡のファン以外は面白くないシーズンになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る