ハム大谷「本当の敵」はソフトB 開幕投手決定で2試合先発

公開日:  更新日:

 前日に2年連続の開幕投手が発表された日本ハムの大谷翔平(21)が23日、報道陣に対応して「キャンプの成果を開幕から出していければ」と話した。開幕戦の相手であるロッテについては、「去年とはメンバーが代わると思うけど、難しいマウンドになると思う」と答えて表情を引き締めてみせたが、恐らく開幕の相手は眼中にない。

 昨年のロッテとの対戦成績は3試合で2勝1敗の防御率1.13。開幕の舞台となる敵地QVCマリンでは、完封勝利を挙げている。ロッテはチームリーダーの今江が楽天に移籍し、4番候補だった新外国人のナバーロが実弾所持で逮捕。出場停止処分を受けることが濃厚で、大谷には難しい相手ではないだろう。

 本当に見据えているのはその先だ。開幕カードでの登板が決まったことで、大谷は5月末の交流戦開幕まで対ソフトバンク4カードのうち、2試合に先発することが濃厚なのだ。大谷は昨季のソフトバンク戦で1勝2敗、防御率6.58。ソフトバンクにだけは、やられまくった。2年連続日本一のソフトバンクから優勝を奪うには、直接対決を制する他ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る