元SB李大浩 マリナーズとマイナー契約も遠い開幕メジャー

公開日: 更新日:

 韓国の長距離砲の移籍先がようやく決まった。

 マリナーズは3日(日本時間4日)、昨季までソフトバンクでプレーした李大浩内野手(33)とマイナー契約を交わしたと発表。25日からの野手組のキャンプには招待選手として参加し、メジャーのロースター(25人)入りを目指す。

 条件など詳細は明らかになっていないが、MLB公式サイトによれば、メジャー昇格で400万ドル(約4億7000万円)が保証されるという。

 右打ちのパワーヒッターを探していたマリナーズのジェリー・ディポトGMは「李は韓国と日本で高いレベルのパフォーマンスを発揮した。我々は彼がチームに適応することを期待している」と談話を発表した。

 オープン戦では一塁で起用される見込みだが、チーム内の競争は激しい。マリナーズは今オフ、トレードで獲得したアダム・リンド内野手(32)を一塁に据える方針。昨季はブルワーズで20本塁打を放ち、ブルージェイズ時代の09年には打率3割5厘、35本塁打、114打点でシルバースラッガー賞を受賞した強打者だ。リンドが故障で離脱しない限り、李がオープン戦で結果を残しても開幕メジャーに残るのは望み薄。

 今季は3人の韓国人野手が海を渡る。昨季の日本シリーズMVPがメジャー昇格を果たすかは運次第だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る