米5勝に「納得せず」 和田毅が自ら語る日本復帰決断の理由

公開日: 更新日:

 5年ぶりに古巣ソフトバンクに戻ってきた和田毅投手(34)。10年にパ・リーグ最多勝、最優秀選手に輝くなど11年までの9年間で107勝。12年に海外FA権を行使してオリオールズ入りするも、その年に左肘靱帯の修復手術を受けた。オリオールズ時代の2年間は公式戦で1球も投げないまま自由契約に。カブス2年目の昨年は左脚の故障などで8試合の登板、1勝1敗、防御率3.62。メジャー4年間の通算成績は21試合で5勝5敗、防御率3.36だった。久々の宮崎キャンプを過ごす左腕を直撃した。

――メジャーでは通算5勝止まり。納得して帰国しましたか?

「メジャーの成績は納得していません。だから悩みましたよ」

――メジャーで勝負するのは諦めた? 復帰の決断に至ったのはなぜですか?

「日本に戻るか米国に残るかと考えた時に、去年の成績じゃ、これ以上、米国では必要とされないんじゃないかと。プロである以上、必要とされているところで投げたい、試合に出たいと思いました。ホークスには毎年『いつでも戻ってこい』と言ってもらっていたんです。日本に戻るならホークス以外は考えていませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る