米5勝に「納得せず」 和田毅が自ら語る日本復帰決断の理由

公開日:  更新日:

 5年ぶりに古巣ソフトバンクに戻ってきた和田毅投手(34)。10年にパ・リーグ最多勝、最優秀選手に輝くなど11年までの9年間で107勝。12年に海外FA権を行使してオリオールズ入りするも、その年に左肘靱帯の修復手術を受けた。オリオールズ時代の2年間は公式戦で1球も投げないまま自由契約に。カブス2年目の昨年は左脚の故障などで8試合の登板、1勝1敗、防御率3.62。メジャー4年間の通算成績は21試合で5勝5敗、防御率3.36だった。久々の宮崎キャンプを過ごす左腕を直撃した。

――メジャーでは通算5勝止まり。納得して帰国しましたか?

「メジャーの成績は納得していません。だから悩みましたよ」

――メジャーで勝負するのは諦めた? 復帰の決断に至ったのはなぜですか?

「日本に戻るか米国に残るかと考えた時に、去年の成績じゃ、これ以上、米国では必要とされないんじゃないかと。プロである以上、必要とされているところで投げたい、試合に出たいと思いました。ホークスには毎年『いつでも戻ってこい』と言ってもらっていたんです。日本に戻るならホークス以外は考えていませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る