米5勝に「納得せず」 和田毅が自ら語る日本復帰決断の理由

公開日: 更新日:

 5年ぶりに古巣ソフトバンクに戻ってきた和田毅投手(34)。10年にパ・リーグ最多勝、最優秀選手に輝くなど11年までの9年間で107勝。12年に海外FA権を行使してオリオールズ入りするも、その年に左肘靱帯の修復手術を受けた。オリオールズ時代の2年間は公式戦で1球も投げないまま自由契約に。カブス2年目の昨年は左脚の故障などで8試合の登板、1勝1敗、防御率3.62。メジャー4年間の通算成績は21試合で5勝5敗、防御率3.36だった。久々の宮崎キャンプを過ごす左腕を直撃した。

――メジャーでは通算5勝止まり。納得して帰国しましたか?

「メジャーの成績は納得していません。だから悩みましたよ」

――メジャーで勝負するのは諦めた? 復帰の決断に至ったのはなぜですか?

「日本に戻るか米国に残るかと考えた時に、去年の成績じゃ、これ以上、米国では必要とされないんじゃないかと。プロである以上、必要とされているところで投げたい、試合に出たいと思いました。ホークスには毎年『いつでも戻ってこい』と言ってもらっていたんです。日本に戻るならホークス以外は考えていませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る