周囲は気遣いも…2年目のソフトバンク松坂はオマケ扱い

公開日: 更新日:

 昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンク松坂大輔(35)が第2クール初日の5日、キャンプ2度目となるブルペンに入った。直球のみ39球。投球動作を途中で止めるなど、しっくりこない様子で、「自分の感覚と見た感じのギャップをどれだけ埋められるか」と話した。

 受けたのは西武時代からの同僚・細川。「十分でしょう。去年の今頃よりバランスを意識して投げているのが分かる」と前向きだったが、立場は厳しい。

 工藤監督は、年俸4億円でも松坂に「焦るな」と指示している。なにせ、2年連続日本一を成し遂げたチームだ。先発ローテ候補は武田、摂津、バンデンハーク、和田、中田、他にも寺原、東浜、千賀、岩崎といった好投手がひしめき合う。要するに、頭数は足りているのだ。

 何十人もの報道陣を引き連れて歩く姿は、相変わらず注目度が高いことを表しているが、工藤監督は「期待はしても、アテにはできない」というのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る