周囲は気遣いも…2年目のソフトバンク松坂はオマケ扱い

公開日:  更新日:

 昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔(35)が第2クール初日の5日、キャンプ2度目となるブルペンに入った。直球のみ39球。投球動作を途中で止めるなど、しっくりこない様子で、「自分の感覚と見た感じのギャップをどれだけ埋められるか」と話した。

 受けたのは西武時代からの同僚・細川。「十分でしょう。去年の今頃よりバランスを意識して投げているのが分かる」と前向きだったが、立場は厳しい。

 工藤監督は、年俸4億円でも松坂に「焦るな」と指示している。なにせ、2年連続日本一を成し遂げたチームだ。先発ローテ候補は武田、摂津、バンデンハーク、和田、中田、他にも寺原、東浜、千賀、岩崎といった好投手がひしめき合う。要するに、頭数は足りているのだ。

 何十人もの報道陣を引き連れて歩く姿は、相変わらず注目度が高いことを表しているが、工藤監督は「期待はしても、アテにはできない」というのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る