周囲は気遣いも…2年目のソフトバンク松坂はオマケ扱い

公開日: 更新日:

 昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンク松坂大輔(35)が第2クール初日の5日、キャンプ2度目となるブルペンに入った。直球のみ39球。投球動作を途中で止めるなど、しっくりこない様子で、「自分の感覚と見た感じのギャップをどれだけ埋められるか」と話した。

 受けたのは西武時代からの同僚・細川。「十分でしょう。去年の今頃よりバランスを意識して投げているのが分かる」と前向きだったが、立場は厳しい。

 工藤監督は、年俸4億円でも松坂に「焦るな」と指示している。なにせ、2年連続日本一を成し遂げたチームだ。先発ローテ候補は武田、摂津、バンデンハーク、和田、中田、他にも寺原、東浜、千賀、岩崎といった好投手がひしめき合う。要するに、頭数は足りているのだ。

 何十人もの報道陣を引き連れて歩く姿は、相変わらず注目度が高いことを表しているが、工藤監督は「期待はしても、アテにはできない」というのが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る