サッカー専門家が厳選 リオ五輪OA枠で招集すべき“3選手”

公開日:  更新日:

 日本サッカー協会(JFA)の霜田強化担当技術委員長が19日、リオ五輪の本大会で23歳以下の年齢制限のないオーバーエージ枠(3人)について「メダルを狙う以上、OA枠を使わない手はない」とコメント。人選については「現時点では海外組を含めてまったくやっていません。4月のドローで対戦相手が決まってから人選する」と明言した。

 リオ五輪予選を突破した後、海外組の日本代表MF本田、香川、FW大迫、国内組からはG大阪FW宇佐美らの名前が挙がっているが、サッカージャーナリスト・六川亨氏が「生粋の点取り屋として、13年から3年連続Jリーグ得点王の川崎FWの大久保(33)は外せない」とさらに続けた。

「その大久保に決定的なパスを繰り出す選手として、昨季JリーグのMVP・広島MF青山(29)も入れたい。ボランチの位置から、前線に良質のラストパスを出せる。所属する広島では、昨季J1・J2通算200ゴールの偉業を達成したFW佐藤と絶妙コンビを組んでおり、佐藤とプレースタイルの似ている大久保とのマッチングは、そんなに時間はかからないでしょう。あとひとりは大久保のチームメートで川崎MF谷口(24)です。谷口はCB、リベロ、ストッパー、SB、ボランチと守備的なポジションはすべてこなせ、非常にユーティリティー性の高い選手です。プロ2年目の昨季は、公式戦全試合に出場して6月には日本代表デビューを飾った。複数ポジションを任せられる選手は、本大会中にケガ人などが出た場合、本当に頼りになります」

 五輪代表を率いる手倉森監督、いかがですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る