日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッカー専門家が厳選 リオ五輪OA枠で招集すべき“3選手”

 日本サッカー協会(JFA)の霜田強化担当技術委員長が19日、リオ五輪の本大会で23歳以下の年齢制限のないオーバーエージ枠(3人)について「メダルを狙う以上、OA枠を使わない手はない」とコメント。人選については「現時点では海外組を含めてまったくやっていません。4月のドローで対戦相手が決まってから人選する」と明言した。

 リオ五輪予選を突破した後、海外組の日本代表MF本田、香川、FW大迫、国内組からはG大阪FW宇佐美らの名前が挙がっているが、サッカージャーナリスト・六川亨氏が「生粋の点取り屋として、13年から3年連続Jリーグ得点王の川崎FWの大久保(33)は外せない」とさらに続けた。

「その大久保に決定的なパスを繰り出す選手として、昨季JリーグのMVP・広島MF青山(29)も入れたい。ボランチの位置から、前線に良質のラストパスを出せる。所属する広島では、昨季J1・J2通算200ゴールの偉業を達成したFW佐藤と絶妙コンビを組んでおり、佐藤とプレースタイルの似ている大久保とのマッチングは、そんなに時間はかからないでしょう。あとひとりは大久保のチームメートで川崎MF谷口(24)です。谷口はCB、リベロ、ストッパー、SB、ボランチと守備的なポジションはすべてこなせ、非常にユーティリティー性の高い選手です。プロ2年目の昨季は、公式戦全試合に出場して6月には日本代表デビューを飾った。複数ポジションを任せられる選手は、本大会中にケガ人などが出た場合、本当に頼りになります」

 五輪代表を率いる手倉森監督、いかがですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事