日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

澤引退の影響は? INAC神戸会長語る「なでしこ」の課題

 29日から3月9日まで大阪で女子サッカー・リオ五輪アジア最終予選が開催される。なでしこは11年W杯優勝、15年W杯準優勝の実績を引っ提げ、五輪4大会連続出場を狙っているが、アジア出場枠は「2」と狭き門だし、レジェンド澤穂希(37)が引退。厳しい戦いが予想される。澤が所属していたINAC神戸の文弘宣会長(65)に聞いた。

――アジア最終予選に澤選手はいません。なでしこは、リオ五輪に出場できるのでしょうか?

「どんなアスリートにも引退の日は訪れます。澤さんとて例外ではありません。偉大な選手がピッチからいなくなる。残された選手にとって大きな痛手ではありますが、なでしこの選手は『澤さんがいない』ことを冷静に受け止め、相応の覚悟を持って懸命に戦ってくれるでしょう。必ずリオ五輪への切符を手にしてくれると確信しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事