海外勢ツアー席巻 日本女子は5月以降「出る幕なし」の根拠

公開日: 更新日:

 テレサ・ルー(28)の史上初の開幕戦連覇で幕を開けた国内女子ツアー。今季は、日本人プロがいかに雪辱を果たすかに注目が集まる。

 というのも、昨季は外国人プロの強さばかりが目立った。37戦中22試合で優勝。後半戦に限っていえば、20試合中14試合と圧勝だった。しかも、国内メジャー4戦の覇者はすべて外国人。真の実力が試される他の4日間大会も日本人プロは5戦中、2試合しか勝てなかった。

 いかにだらしなかったかがよくわかるが、日本人プロが6連勝を飾っている珍しい時期があった。開幕3戦目(3月中旬)から8戦目(4月下旬)にかけてである。

「国内女子ツアーは11月いっぱいまでの長丁場です。今季は1試合増えたため、休みも7月の第1週しかない。外国人プロは1年間を通じた戦いを見据えているため、春先はまだ本調子ではありません。徐々に調子を上げていって、高額賞金の大会や国内メジャーに合わせてスケジュールを組んでいきます。賞金ランク上位のイ・ボミ(27)やテレサ・ルー、申ジエ(27)、アン・ソンジュ(28)は昨季、それぞれ春先に1~2試合欠場して調整していました。プロ未勝利の菊地絵理香(27)や藤田光里(21)が4月に初優勝できたのも、そんな事情があったからです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る