海外勢ツアー席巻 日本女子は5月以降「出る幕なし」の根拠

公開日:  更新日:

 テレサ・ルー(28)の史上初の開幕戦連覇で幕を開けた国内女子ツアー。今季は、日本人プロがいかに雪辱を果たすかに注目が集まる。

 というのも、昨季は外国人プロの強さばかりが目立った。37戦中22試合で優勝。後半戦に限っていえば、20試合中14試合と圧勝だった。しかも、国内メジャー4戦の覇者はすべて外国人。真の実力が試される他の4日間大会も日本人プロは5戦中、2試合しか勝てなかった。

 いかにだらしなかったかがよくわかるが、日本人プロが6連勝を飾っている珍しい時期があった。開幕3戦目(3月中旬)から8戦目(4月下旬)にかけてである。

「国内女子ツアーは11月いっぱいまでの長丁場です。今季は1試合増えたため、休みも7月の第1週しかない。外国人プロは1年間を通じた戦いを見据えているため、春先はまだ本調子ではありません。徐々に調子を上げていって、高額賞金の大会や国内メジャーに合わせてスケジュールを組んでいきます。賞金ランク上位のイ・ボミ(27)やテレサ・ルー、申ジエ(27)、アン・ソンジュ(28)は昨季、それぞれ春先に1~2試合欠場して調整していました。プロ未勝利の菊地絵理香(27)や藤田光里(21)が4月に初優勝できたのも、そんな事情があったからです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る