• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

怪しい会食を目撃…巨人賭博汚染が主力選手に飛び火する日

 春のキャンプイン直前、宮崎でこんなことがあった。目撃した球界関係者がこう言う。

「2月1日のキャンプスタートに備え、巨人の主力選手が宮崎に先乗りして行っている合同自主トレの期間中です。数年前に引退した巨人の若手OBと主力2選手が市内の和食店で食事をしていたのです。おいおい、大丈夫かよ、ヤバイんじゃないのか、と心配になりましたよ」

 チームOBと現役選手が仲むつまじく会食する。珍しくもなんともないそんな光景を見て、なぜ球界関係者は驚いたのか。

 それは、仮にXとするこの30代の若手OBがいわくつきの人間だったからである。巨人を襲った最初の野球賭博、すなわち福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の元3投手が無期失格処分を受けた一件でにわかに球界の注目を集めたのがXだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る