• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高木や福田獲得検討の球団安堵 もう巨人選手に手は出せない

 巨人の高木京介(26)が新たに野球賭博に関与していたことが明らかになったことで大きな影響が出そうなのが、他球団のチーム編成だ。

「巨人の選手は怖くて取れないよ」と苦笑いするのは、ある球団の編成担当。

「パの某球団がトレードで内野手の獲得調査を進めていた。そこで目をつけたのが巨人の中堅選手だった。巨人側は助っ人のマイコラスが右肩痛で米国に一時帰国したこともあり、パ球団は投手を交換要員として検討していたそうだが、今回の高木京の賭博発覚で渡辺最高顧問ら3首脳が辞任。久保球団社長が『(公式戦に)相手チームのこともある。ぜひ参加させてもらいたい』と頭を下げている。ファンの反応を考えても、トレードにとどまらず補強に動けるはずもない。白紙撤回ですよ」

 昨年10月に福田、笠原、松本竜の3選手が野球賭博で無期失格処分を受けたのに続く4人目の発覚。またぞろ5人目、6人目が出てきても不思議ではない。巨人の森田法務部長は、笠原が巨人への調査協力を拒み、NPBの調査委員会から野球賭博常習者と認定された飲食店経営者の「B」も協力に応じないことを明かした上で、「事実解明の調査が困難を極めている」とも言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る