• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高木や福田獲得検討の球団安堵 もう巨人選手に手は出せない

 巨人の高木京介(26)が新たに野球賭博に関与していたことが明らかになったことで大きな影響が出そうなのが、他球団のチーム編成だ。

「巨人の選手は怖くて取れないよ」と苦笑いするのは、ある球団の編成担当。

「パの某球団がトレードで内野手の獲得調査を進めていた。そこで目をつけたのが巨人の中堅選手だった。巨人側は助っ人のマイコラスが右肩痛で米国に一時帰国したこともあり、パ球団は投手を交換要員として検討していたそうだが、今回の高木京の賭博発覚で渡辺最高顧問ら3首脳が辞任。久保球団社長が『(公式戦に)相手チームのこともある。ぜひ参加させてもらいたい』と頭を下げている。ファンの反応を考えても、トレードにとどまらず補強に動けるはずもない。白紙撤回ですよ」

 昨年10月に福田、笠原、松本竜の3選手が野球賭博で無期失格処分を受けたのに続く4人目の発覚。またぞろ5人目、6人目が出てきても不思議ではない。巨人の森田法務部長は、笠原が巨人への調査協力を拒み、NPBの調査委員会から野球賭博常習者と認定された飲食店経営者の「B」も協力に応じないことを明かした上で、「事実解明の調査が困難を極めている」とも言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る