小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

大阪桐蔭「ベンチ外の選手」にチームの強さの秘密を見た

公開日:  更新日:

 定期的に指導している札幌第一は千葉の木更津総合との対戦が決まった。今週1週間、宮崎合宿に帯同し、教えてきた。

 実際に見るのは昨年11月の明治神宮大会以来。ナインの成長を楽しみにしていたが、ガッカリしたことも多かった。冬の間は雪のため、屋外練習が限られるのは仕方ない。それでも立派な室内練習場がある。バントやバスターといった個人的な練習はできるはずだ。その精度が昨秋より落ちていた。思わず菊池監督を「何をやってたんだ」と怒ってしまった。

 キーマンはエース右腕で主将の上出だ。直球の最速は138キロ。素質は買っている。しかし、球威を上げようと、真上から投げ下ろすことを意識するあまり、腕の振り方がアーム式になっていた。重心が浮いてしまい、球に力が伝わっていない。

「もっと球威を出すにはどうしたらいいか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る