小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

あえて言う、センバツの「21世紀枠」は見直すべき

公開日: 更新日:

 センバツに出場する32校が29日、決まった。

 混戦必至だ。軸になるのは大阪桐蔭(大阪)、木更津総合(千葉)、東邦(愛知)、青森山田(青森)の昨秋の各地域優勝校。それ以外では、故障中の主戦投手が復帰できるかがカギを握る明徳義塾(高知)、昨夏のメンバーが多く残る東海大甲府(山梨)、いなべ総合(三重)あたりも力はある。

 優勝候補筆頭に挙げられる大阪桐蔭は、安定感はあるが、例年のような爆発力はない。東邦のエースで4番・藤嶋は打撃はいいものの、投手として失点が多い。昨春甲子園優勝の敦賀気比(福井)山崎、「松坂2世」の異名を取る創志学園(岡山)高田のプロ注目右腕2人は、現段階では評判が先行している感がある。逆に投手力が高い木更津総合は打線が課題。どこもこれといった決め手がないが、青森山田は走攻守のバランスが取れた好チームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  5. 5

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    伊藤美誠のネックレスも話題沸騰 オリンピックで注目を集める意外な会社

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る