小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

電話口から聞こえる松坂大輔の声が明るかった

公開日: 更新日:

 プロ野球の春季キャンプ報道を見ていて、気になるのはやはり、右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂(35)である。キャンプイン後に電話で話をしたら、「ぜひ宮崎に来てください」と言われた。日本復帰1年目の昨年もそう言われ、悩んだことを思い出した。宮崎は松坂フィーバーに沸いていて、報道陣やファンであふれ返っていると聞き、結局、行かなかったのだ。

 テレビで投球フォームを見た。いい時と悪い時の差がかなりある。悪い時は踏み出した左足のつま先が三塁側を向いてしまったまま、腰が横回転する。これでは左ヒザに負担がかかってしまう。球は走らず、制球にバラつきも出る。

 踏み出した左足は真っすぐか、開き気味でもいい。その方が腰が回りやすく、縦回転になる。

「縦」になれば、右ヒジが上がる。球威が全く違ってくるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る