小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

「どん詰まりの筒香」へ…ヒントはゴルフのパンチショット

公開日: 更新日:

 教え子のDeNA筒香嘉智(24)の打ち方が気に入らない。

 昨季は打率.317、93打点、24本塁打の好成績を収めた。シーズン終了後には「プレミア12」で侍ジャパンの4番を務め、その後はドミニカ共和国に渡り、ウインターリーグに参戦。帰国したのはなんと年末だった。

 プロでもシーズンオフは「休みたい」と思うのが普通。筒香は今年が大事な年だと感じている。だからオフに自らを野球漬けにした。意気込みは素晴らしい。

 ドミニカ修業でヒントを得た「すり足打法」で打ち損じを減らそうとしているようだが、キャンプの映像を見て、以前から気になっているところが、そのままだった。

 高校時代からタイミングの取り方がうまくない。「どん詰まりの筒香」と呼んだこともあるほど。以前、このコラムで指摘したが、バックスイングの際に右肩、左肩が順に下がり、ギッタンバッコンしてしまう悪癖が気になる。打つ前にムダな動きが多いから差し込まれる。ヘッドが下がるため、打球に角度をつけられない。問題はトップに入る形と、トップからスムーズにバットが出ていないこと。逆にいえば、よく昨季の成績が叩き出せたなとも思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る