本番で凶の可能性も ドジャース前田“強気”が招いた初失点

公開日: 更新日:

 自らの性格が災いしかねない。

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦で3回3分の2を4安打2失点(自責0)。オープン戦9イニング目での初失点は四回1死から味方の拙守が絡んだものだが、前田の強気な性格も裏目に出たと言っていい。

 2死二塁から8番アビラを2ストライクと追い込みながら、際どいコースを4球続けてボールと判定された。自信を持って投じた外角低めを取ってもらえず、冷静さを失ったのだろう。バッテリーを組んだベテラン捕手のエリス(34)のサインに立て続けに首を振って、外角寄りの単調な配球に。アビラを歩かせ、ピンチを広げると、続くシャックには置きにいった直球を痛打された。試合後に前田が「球が高くなった。ああいう球は気を付けたい」と振り返った通り、完全な配球ミスだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る