本番で凶の可能性も ドジャース前田“強気”が招いた初失点

公開日:  更新日:

 自らの性格が災いしかねない。

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦で3回3分の2を4安打2失点(自責0)。オープン戦9イニング目での初失点は四回1死から味方の拙守が絡んだものだが、前田の強気な性格も裏目に出たと言っていい。

 2死二塁から8番アビラを2ストライクと追い込みながら、際どいコースを4球続けてボールと判定された。自信を持って投じた外角低めを取ってもらえず、冷静さを失ったのだろう。バッテリーを組んだベテラン捕手のエリス(34)のサインに立て続けに首を振って、外角寄りの単調な配球に。アビラを歩かせ、ピンチを広げると、続くシャックには置きにいった直球を痛打された。試合後に前田が「球が高くなった。ああいう球は気を付けたい」と振り返った通り、完全な配球ミスだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る