• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃練習で豪快弾 ドジャース前田はバットで「出来高」稼ぐ

 新人右腕が特大の一発を披露した。

 ドジャースの前田健太(27)が本職の投球ではなく打撃でも能力の高さを見せつけた。8日(日本時間9日)はオープン戦に帯同せず、アリゾナ州グレンデールの球団施設で居残り調整。この日は初めて屋外で打撃練習に臨み、最初はコーチによるテンポの速い投球にてこずりながらも、徐々にタイミングを合わせて左翼スタンドに叩き込むなど、快音を響かせた。

 野手顔負けの豪快な一発には今季から特別アドバイザーを務める“精密機械”ことグレッグ・マダックス氏から「いいスイングじゃないか」と褒められるシーンも。

 前田は広島時代、通算436打数64安打の打率1割4分7厘、27打点。PL学園高時代はエースで4番を務めていただけに、長打力を秘めており、2本塁打をマークしている。小技にも長け、58犠打を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る