打撃練習で豪快弾 ドジャース前田はバットで「出来高」稼ぐ

公開日: 更新日:

 新人右腕が特大の一発を披露した。

 ドジャースの前田健太(27)が本職の投球ではなく打撃でも能力の高さを見せつけた。8日(日本時間9日)はオープン戦に帯同せず、アリゾナ州グレンデールの球団施設で居残り調整。この日は初めて屋外で打撃練習に臨み、最初はコーチによるテンポの速い投球にてこずりながらも、徐々にタイミングを合わせて左翼スタンドに叩き込むなど、快音を響かせた。

 野手顔負けの豪快な一発には今季から特別アドバイザーを務める“精密機械”ことグレッグ・マダックス氏から「いいスイングじゃないか」と褒められるシーンも。

 前田は広島時代、通算436打数64安打の打率1割4分7厘、27打点。PL学園高時代はエースで4番を務めていただけに、長打力を秘めており、2本塁打をマークしている。小技にも長け、58犠打を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る