打撃練習で豪快弾 ドジャース前田はバットで「出来高」稼ぐ

公開日:  更新日:

 新人右腕が特大の一発を披露した。

 ドジャースの前田健太(27)が本職の投球ではなく打撃でも能力の高さを見せつけた。8日(日本時間9日)はオープン戦に帯同せず、アリゾナ州グレンデールの球団施設で居残り調整。この日は初めて屋外で打撃練習に臨み、最初はコーチによるテンポの速い投球にてこずりながらも、徐々にタイミングを合わせて左翼スタンドに叩き込むなど、快音を響かせた。

 野手顔負けの豪快な一発には今季から特別アドバイザーを務める“精密機械”ことグレッグ・マダックス氏から「いいスイングじゃないか」と褒められるシーンも。

 前田は広島時代、通算436打数64安打の打率1割4分7厘、27打点。PL学園高時代はエースで4番を務めていただけに、長打力を秘めており、2本塁打をマークしている。小技にも長け、58犠打を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る