前田が肩肘に違和感? 登板中「マエケン体操」入念の理由

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板した。

 オープン戦3試合目のマウンドは3回3分の2を4安打2失点(自責0)、2奪三振だった。

 この日の前田は毎回、安打を許す。一回は2死から14年の新人王で3番のアブレイユに中前打。二回にラウリーに左越えの三塁打を浴びると、三回には再び、アブレイユに左翼線への二塁打を喫した。四回には味方の失策と四球で2死一、二塁のピンチを招き、9番シャックに中前に運ばれ、オープン戦で初失点して降板した。

 前田はオープン戦初登板のダイヤモンドバックス戦以来、マウンドに向かう際には両肩をぐるぐる回す「マエケン体操」を入念に行う。登板中もマウンド上でしきりに肩を回したり、上腕部を揉むしぐさを繰り返している。


 メジャーのマウンドはプロ野球のそれと比べて硬く、公認球は滑りやすい。日本人投手の多くは適応に苦労し、知らず知らずのうちに肩、肘に負担がかかって故障するケースは少なくない。前田がマウンド上で盛んに肩や肘をいじっているのは、早くも違和感が生じたからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る