日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前田が肩肘に違和感? 登板中「マエケン体操」入念の理由

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板した。

 オープン戦3試合目のマウンドは3回3分の2を4安打2失点(自責0)、2奪三振だった。

 この日の前田は毎回、安打を許す。一回は2死から14年の新人王で3番のアブレイユに中前打。二回にラウリーに左越えの三塁打を浴びると、三回には再び、アブレイユに左翼線への二塁打を喫した。四回には味方の失策と四球で2死一、二塁のピンチを招き、9番シャックに中前に運ばれ、オープン戦で初失点して降板した。

 前田はオープン戦初登板のダイヤモンドバックス戦以来、マウンドに向かう際には両肩をぐるぐる回す「マエケン体操」を入念に行う。登板中もマウンド上でしきりに肩を回したり、上腕部を揉むしぐさを繰り返している。


 メジャーのマウンドはプロ野球のそれと比べて硬く、公認球は滑りやすい。日本人投手の多くは適応に苦労し、知らず知らずのうちに肩、肘に負担がかかって故障するケースは少なくない。前田がマウンド上で盛んに肩や肘をいじっているのは、早くも違和感が生じたからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事