前田が肩肘に違和感? 登板中「マエケン体操」入念の理由

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板した。

 オープン戦3試合目のマウンドは3回3分の2を4安打2失点(自責0)、2奪三振だった。

 この日の前田は毎回、安打を許す。一回は2死から14年の新人王で3番のアブレイユに中前打。二回にラウリーに左越えの三塁打を浴びると、三回には再び、アブレイユに左翼線への二塁打を喫した。四回には味方の失策と四球で2死一、二塁のピンチを招き、9番シャックに中前に運ばれ、オープン戦で初失点して降板した。

 前田はオープン戦初登板のダイヤモンドバックス戦以来、マウンドに向かう際には両肩をぐるぐる回す「マエケン体操」を入念に行う。登板中もマウンド上でしきりに肩を回したり、上腕部を揉むしぐさを繰り返している。


 メジャーのマウンドはプロ野球のそれと比べて硬く、公認球は滑りやすい。日本人投手の多くは適応に苦労し、知らず知らずのうちに肩、肘に負担がかかって故障するケースは少なくない。前田がマウンド上で盛んに肩や肘をいじっているのは、早くも違和感が生じたからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る