前田が肩肘に違和感? 登板中「マエケン体操」入念の理由

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板した。

 オープン戦3試合目のマウンドは3回3分の2を4安打2失点(自責0)、2奪三振だった。

 この日の前田は毎回、安打を許す。一回は2死から14年の新人王で3番のアブレイユに中前打。二回にラウリーに左越えの三塁打を浴びると、三回には再び、アブレイユに左翼線への二塁打を喫した。四回には味方の失策と四球で2死一、二塁のピンチを招き、9番シャックに中前に運ばれ、オープン戦で初失点して降板した。

 前田はオープン戦初登板のダイヤモンドバックス戦以来、マウンドに向かう際には両肩をぐるぐる回す「マエケン体操」を入念に行う。登板中もマウンド上でしきりに肩を回したり、上腕部を揉むしぐさを繰り返している。


 メジャーのマウンドはプロ野球のそれと比べて硬く、公認球は滑りやすい。日本人投手の多くは適応に苦労し、知らず知らずのうちに肩、肘に負担がかかって故障するケースは少なくない。前田がマウンド上で盛んに肩や肘をいじっているのは、早くも違和感が生じたからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る