• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース前田を待つ宿敵ジャイアンツの激ヤジと内角攻め

 ドジャース・前田健太(27)が投球だけでなく打撃でも注目を集めている。今キャンプで初めて行った8日(日本時間9日)のフリー打撃では持ち前の打撃センスを披露。14スイングして1本の柵越えを放つなど、快音を響かせた。

 広島時代は通算2本塁打。昨年10月2日の中日戦では先制2ランを放って15勝目を挙げた。小技もこなし、通算58犠打を記録した。

 地元ロサンゼルスのファンの間では早くも投打にわたる活躍に期待が高まっているが、同地区のライバル球団からは徹底マークに遭いそうだ。

 中でも、宿敵であるジャイアンツ戦では注意が必要だ。ともにニューヨークを本拠地としていた頃からライバル関係が続いており、現在ではナ・リーグ随一の人気カードになっている。

 熱狂的なファンが多数を占めるジャイアンツの本拠地「AT&Tパーク」での直接対決は異様な雰囲気に包まれる。スタンドからはジャイアンツファンによる「BEAT L.A.」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が湧き起こるほどだ。エキサイトしやすい環境だけに、両軍による乱闘が度々繰り広げられ、ファン同士のいざこざも絶えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る