• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース前田を待つ宿敵ジャイアンツの激ヤジと内角攻め

 ドジャース・前田健太(27)が投球だけでなく打撃でも注目を集めている。今キャンプで初めて行った8日(日本時間9日)のフリー打撃では持ち前の打撃センスを披露。14スイングして1本の柵越えを放つなど、快音を響かせた。

 広島時代は通算2本塁打。昨年10月2日の中日戦では先制2ランを放って15勝目を挙げた。小技もこなし、通算58犠打を記録した。

 地元ロサンゼルスのファンの間では早くも投打にわたる活躍に期待が高まっているが、同地区のライバル球団からは徹底マークに遭いそうだ。

 中でも、宿敵であるジャイアンツ戦では注意が必要だ。ともにニューヨークを本拠地としていた頃からライバル関係が続いており、現在ではナ・リーグ随一の人気カードになっている。

 熱狂的なファンが多数を占めるジャイアンツの本拠地「AT&Tパーク」での直接対決は異様な雰囲気に包まれる。スタンドからはジャイアンツファンによる「BEAT L.A.」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が湧き起こるほどだ。エキサイトしやすい環境だけに、両軍による乱闘が度々繰り広げられ、ファン同士のいざこざも絶えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る