ドジャース前田を待つ宿敵ジャイアンツの激ヤジと内角攻め

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が投球だけでなく打撃でも注目を集めている。今キャンプで初めて行った8日(日本時間9日)のフリー打撃では持ち前の打撃センスを披露。14スイングして1本の柵越えを放つなど、快音を響かせた。

 広島時代は通算2本塁打。昨年10月2日の中日戦では先制2ランを放って15勝目を挙げた。小技もこなし、通算58犠打を記録した。

 地元ロサンゼルスのファンの間では早くも投打にわたる活躍に期待が高まっているが、同地区のライバル球団からは徹底マークに遭いそうだ。

 中でも、宿敵であるジャイアンツ戦では注意が必要だ。ともにニューヨークを本拠地としていた頃からライバル関係が続いており、現在ではナ・リーグ随一の人気カードになっている。

 熱狂的なファンが多数を占めるジャイアンツの本拠地「AT&Tパーク」での直接対決は異様な雰囲気に包まれる。スタンドからはジャイアンツファンによる「BEAT L.A.」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が湧き起こるほどだ。エキサイトしやすい環境だけに、両軍による乱闘が度々繰り広げられ、ファン同士のいざこざも絶えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る