ドジャース前田を待つ宿敵ジャイアンツの激ヤジと内角攻め

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が投球だけでなく打撃でも注目を集めている。今キャンプで初めて行った8日(日本時間9日)のフリー打撃では持ち前の打撃センスを披露。14スイングして1本の柵越えを放つなど、快音を響かせた。

 広島時代は通算2本塁打。昨年10月2日の中日戦では先制2ランを放って15勝目を挙げた。小技もこなし、通算58犠打を記録した。

 地元ロサンゼルスのファンの間では早くも投打にわたる活躍に期待が高まっているが、同地区のライバル球団からは徹底マークに遭いそうだ。

 中でも、宿敵であるジャイアンツ戦では注意が必要だ。ともにニューヨークを本拠地としていた頃からライバル関係が続いており、現在ではナ・リーグ随一の人気カードになっている。

 熱狂的なファンが多数を占めるジャイアンツの本拠地「AT&Tパーク」での直接対決は異様な雰囲気に包まれる。スタンドからはジャイアンツファンによる「BEAT L.A.」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が湧き起こるほどだ。エキサイトしやすい環境だけに、両軍による乱闘が度々繰り広げられ、ファン同士のいざこざも絶えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る