周囲も太鼓判 ロッテ平沢が“立浪2世”のポテンシャル披露

公開日:  更新日:

 ひょっとしたら、ひょっとする。

 ロッテのドラフト1位内野手・平沢大河(18=仙台育英)が、キャンプ初日から大きな可能性を感じさせた。

 フリー打撃では、最初こそタイミングが合わなかったが、次第に鋭い打球を連発。「最後はしっかり振れた」と話した。

 チームの高卒新人として唯一、一軍キャンプのメンバー入り。開幕スタメンも、とスポーツ紙はあおっている。過去、開幕戦に先発出場した高卒新人内野手は、長いプロ野球の歴史でもたったの7人しかいない。平沢がその座を勝ち取れば、88年の中日・立浪(PL学園)以来、実に28年ぶりのことになる。それだけ難しいのだが、元横浜高校野球部長でこれまでに何十人もの教え子をプロに送っている小倉清一郎氏はこう言っている。

「176センチ、71キロと大柄ではないが、夏の甲子園で3本塁打を放ったように遠くへ飛ばせる。ヘッドスピードが速く、バットコントロールがうまい。肩、足、フットワークを使った守備も一級品。遊撃で10年はレギュラーを張れる。右投げ左打ちでPL学園時代の立浪を思い出す逸材」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る