周囲も太鼓判 ロッテ平沢が“立浪2世”のポテンシャル披露

公開日: 更新日:

 ひょっとしたら、ひょっとする。

 ロッテドラフト1位内野手・平沢大河(18=仙台育英)が、キャンプ初日から大きな可能性を感じさせた。

 フリー打撃では、最初こそタイミングが合わなかったが、次第に鋭い打球を連発。「最後はしっかり振れた」と話した。

 チームの高卒新人として唯一、一軍キャンプのメンバー入り。開幕スタメンも、とスポーツ紙はあおっている。過去、開幕戦に先発出場した高卒新人内野手は、長いプロ野球の歴史でもたったの7人しかいない。平沢がその座を勝ち取れば、88年の中日・立浪(PL学園)以来、実に28年ぶりのことになる。それだけ難しいのだが、元横浜高校野球部長でこれまでに何十人もの教え子をプロに送っている小倉清一郎氏はこう言っている。

「176センチ、71キロと大柄ではないが、夏の甲子園で3本塁打を放ったように遠くへ飛ばせる。ヘッドスピードが速く、バットコントロールがうまい。肩、足、フットワークを使った守備も一級品。遊撃で10年はレギュラーを張れる。右投げ左打ちでPL学園時代の立浪を思い出す逸材」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る