• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲も太鼓判 ロッテ平沢が“立浪2世”のポテンシャル披露

 ひょっとしたら、ひょっとする。

 ロッテのドラフト1位内野手・平沢大河(18=仙台育英)が、キャンプ初日から大きな可能性を感じさせた。

 フリー打撃では、最初こそタイミングが合わなかったが、次第に鋭い打球を連発。「最後はしっかり振れた」と話した。

 チームの高卒新人として唯一、一軍キャンプのメンバー入り。開幕スタメンも、とスポーツ紙はあおっている。過去、開幕戦に先発出場した高卒新人内野手は、長いプロ野球の歴史でもたったの7人しかいない。平沢がその座を勝ち取れば、88年の中日・立浪(PL学園)以来、実に28年ぶりのことになる。それだけ難しいのだが、元横浜高校野球部長でこれまでに何十人もの教え子をプロに送っている小倉清一郎氏はこう言っている。

「176センチ、71キロと大柄ではないが、夏の甲子園で3本塁打を放ったように遠くへ飛ばせる。ヘッドスピードが速く、バットコントロールがうまい。肩、足、フットワークを使った守備も一級品。遊撃で10年はレギュラーを張れる。右投げ左打ちでPL学園時代の立浪を思い出す逸材」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る