賭博問題の影響深刻…巨人由伸監督も“投壊”危機に戦々恐々

公開日: 更新日:

 14日のセ・リーグファンミーティングのイベント後、「開幕前に暗いニュースばかり、ウチのチームで出てしまって本当に申し訳ないという言葉しかない」と頭を下げた高橋由伸監督(40)。25日の開幕まで10日と迫ったこの時期に、闘志を新たにするどころか、相次ぐ醜聞に謝罪するはめになってしまった。気の毒と同情する声は多いが、一連の騒動の影響は、これからも指揮官に降りかかってくる。

「週刊誌に賭博常習者Bが巨人の一軍投手10人と高校野球賭博をしていたとの記事が出た。宮国の名前が新たに暴露され、巨人はこれを完全否定。今季は救援として勝利の方程式入りがウワサされるほど調子が良かったのに、1週間前に突然二軍落ち。上半身のコンディション不良とされているが、周囲から疑念の目で見られても自分の投球ができるか。老川新オーナーが『まだいろいろなことが出てくる可能性がないわけではない』と危機感を示しているように、予断を許さない状況です」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る