• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博問題の影響深刻…巨人由伸監督も“投壊”危機に戦々恐々

 14日のセ・リーグファンミーティングのイベント後、「開幕前に暗いニュースばかり、ウチのチームで出てしまって本当に申し訳ないという言葉しかない」と頭を下げた高橋由伸監督(40)。25日の開幕まで10日と迫ったこの時期に、闘志を新たにするどころか、相次ぐ醜聞に謝罪するはめになってしまった。気の毒と同情する声は多いが、一連の騒動の影響は、これからも指揮官に降りかかってくる。

「週刊誌に賭博常習者Bが巨人の一軍投手10人と高校野球賭博をしていたとの記事が出た。宮国の名前が新たに暴露され、巨人はこれを完全否定。今季は救援として勝利の方程式入りがウワサされるほど調子が良かったのに、1週間前に突然二軍落ち。上半身のコンディション不良とされているが、周囲から疑念の目で見られても自分の投球ができるか。老川新オーナーが『まだいろいろなことが出てくる可能性がないわけではない』と危機感を示しているように、予断を許さない状況です」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る