清原容疑者逮捕で遠のくプロ野球「薬物使用者」ゼロの日

公開日: 更新日:

 キャンプ地に衝撃が走った。

 警視庁組織犯罪対策5課は2日、西武巨人などで活躍した元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。以前から清原には覚醒剤の使用疑惑があり、逮捕は時間の問題とみられていたが、ついに現実のものとなった。

 すでに、清原の体は「薬物でボロボロ」と報じられていたが、これで当然、現役選手の中にも「ヤバイ薬に手を出している選手がいるのではないか」と、疑惑の目を向けられる。

 プロ野球にドーピング検査が導入されたのは07年から。その1年前には、啓蒙期間として罰則規定のない検査を104人に実施したところ陽性反応が出た(氏名は公表せず)。中には、あるチームの看板選手も含まれていたという。

 実際、ロッテ中日で活躍した愛甲猛氏は現役時代、薬物を使用していたことを認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

もっと見る