清原容疑者逮捕で遠のくプロ野球「薬物使用者」ゼロの日

公開日: 更新日:

 キャンプ地に衝撃が走った。

 警視庁組織犯罪対策5課は2日、西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。以前から清原には覚醒剤の使用疑惑があり、逮捕は時間の問題とみられていたが、ついに現実のものとなった。

 すでに、清原の体は「薬物でボロボロ」と報じられていたが、これで当然、現役選手の中にも「ヤバイ薬に手を出している選手がいるのではないか」と、疑惑の目を向けられる。

 プロ野球にドーピング検査が導入されたのは07年から。その1年前には、啓蒙期間として罰則規定のない検査を104人に実施したところ陽性反応が出た(氏名は公表せず)。中には、あるチームの看板選手も含まれていたという。

 実際、ロッテ、中日で活躍した愛甲猛氏は現役時代、薬物を使用していたことを認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る