腐敗止まらぬ巨人軍 球場を“賭場”にしていた選手の金銭感覚

公開日: 更新日:

 野球賭博だけでは終わらなかった。

 14日、巨人の選手が自チームの公式戦の勝敗を対象にしてカネをやりとりしていたことが判明した。選手が試合ごとに現金を出し合い、勝てば試合の円陣で「声出し」をした選手が総取りするルール。巨人もこれを認め、1試合あたり投手、野手で総額14万円が動いていたと説明した。

 野球賭博に関与して無期失格処分を受けた元巨人の笠原将生投手(25)は産経新聞などの取材に「1000円から連勝するごとに、3000円、5000円と、どんどん金額が跳ね上がる。レートが上がりすぎて(わざと)打たないことも可能だった」と、敗退行為による八百長すら示唆していたから、大変な問題だ。

 これに対して巨人は、森田総務本部長が「レートが跳ね上がることはなかった」と笠原の証言を否定。「縁起のいい『声出し』役にみんなでご祝儀を出そうとなった。験担ぎの意味合いもあり、賭け事とは全く異質の行為。敗退行為とは全く正反対」と説明したが、野球賭博の常習者が何人もいたのに「験担ぎ」とはよくぞ言ったものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

もっと見る