野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”

公開日:  更新日:

「昨年のプレミア12でもそうだっただろ。最初の賭博騒動の直後だというのに、坂本らが期間中に乱痴気騒ぎを起こして、それが台湾メディアに報じられた。正直、今、巨人の選手とつるんで、いいことなんかひとつもないんだから」

 セ球団のフロント幹部がこう言った。

 またぞろ巨人から火の手が上がった野球賭博問題。巨人に4人目の関与者が出たことで、「5人目、6人目がまだ潜んでいるんじゃないか?」「他球団の選手はホントに大丈夫なのか?」とプロ野球界全体に疑惑の目が向けられる中、「巨人の野球賭博問題の中心にいた笠原とその仲間である仲介者が巨人とNPBの調査協力に応じていない以上、この問題がこれからどんな広がりを見せるか分からない。週刊誌も巨人選手の動向に目を光らせているだろう。触らぬ神に祟りなしじゃないが、巨人選手との付き合いを考えるよう選手には言っている」と、冒頭の幹部は言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る