野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”

公開日: 更新日:

「昨年のプレミア12でもそうだっただろ。最初の賭博騒動の直後だというのに、坂本らが期間中に乱痴気騒ぎを起こして、それが台湾メディアに報じられた。正直、今、巨人の選手とつるんで、いいことなんかひとつもないんだから」

 セ球団のフロント幹部がこう言った。

 またぞろ巨人から火の手が上がった野球賭博問題。巨人に4人目の関与者が出たことで、「5人目、6人目がまだ潜んでいるんじゃないか?」「他球団の選手はホントに大丈夫なのか?」とプロ野球界全体に疑惑の目が向けられる中、「巨人の野球賭博問題の中心にいた笠原とその仲間である仲介者が巨人とNPBの調査協力に応じていない以上、この問題がこれからどんな広がりを見せるか分からない。週刊誌も巨人選手の動向に目を光らせているだろう。触らぬ神に祟りなしじゃないが、巨人選手との付き合いを考えるよう選手には言っている」と、冒頭の幹部は言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る