高松商センバツ準Vに四国の私学“請負監督”真っ青な理由

公開日:  更新日:

 春夏合わせて4回全国制覇の伝統校ではある。

 しかし、公立校の決勝進出は09年春の清峰(長崎)以来6年ぶり。県立校ながら昨秋の明治神宮大会を制覇、今センバツも決勝に駒を進めたのが高松商(香川)だ。

 ベンチ入り18人はすべて香川県内の生徒。中学時代に硬球を握っていた部員はたったの4人しかいない。監督は中学の軟式野球部を2度全国大会に導いた実績があるとはいえ、元中学校の体育科教諭だ。それでもやりようによっては全国レベルの大会で立て続けに結果を残せることを証明した。

 この現実に私学の請負監督たちは戦々恐々だという。

「特に四国の私学の監督は真っ青ですよ。中でも香川の英明、寒川、尽誠学園、香川西あたりは、それなりのカネも時間も労力も野球につぎ込んでいますからね。バッサリとやられる監督も出てくるでしょう」とはさるスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る