高松商センバツ準Vに四国の私学“請負監督”真っ青な理由

公開日: 更新日:

 春夏合わせて4回全国制覇の伝統校ではある。

 しかし、公立校の決勝進出は09年春の清峰(長崎)以来6年ぶり。県立校ながら昨秋の明治神宮大会を制覇、今センバツも決勝に駒を進めたのが高松商(香川)だ。

 ベンチ入り18人はすべて香川県内の生徒。中学時代に硬球を握っていた部員はたったの4人しかいない。監督は中学の軟式野球部を2度全国大会に導いた実績があるとはいえ、元中学校の体育科教諭だ。それでもやりようによっては全国レベルの大会で立て続けに結果を残せることを証明した。

 この現実に私学の請負監督たちは戦々恐々だという。

「特に四国の私学の監督は真っ青ですよ。中でも香川の英明、寒川、尽誠学園、香川西あたりは、それなりのカネも時間も労力も野球につぎ込んでいますからね。バッサリとやられる監督も出てくるでしょう」とはさるスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る