スポーツメディアがヨイショする秀岳館監督の“嫌な感じ”

公開日:  更新日:

「(投手が)微修正できたのは大きい。投手は5人いますから」

 27日、センバツ高校野球2回戦で南陽工(山口)を16対0で下して準々決勝に駒を進めた秀岳館(熊本)の鍛治舎巧監督(64)がこう言って胸を張った。

 何しろ3本塁打を含む大量18安打を放って16得点。これだけの点差があったから、初戦(対花咲徳栄戦は6対5)で登板機会のなかった2年生左腕を投げさせて、絶好調のエースを温存。先を見据えて5人もいる投手陣を「微修正できたのは大きい」というのだ。まるで野球を生業とする指揮官のようなコメントではある。

 指揮を執る鍛治舎監督は県岐阜商(岐阜)、早大を経て松下電器(現パナソニック)へ。引退後は野球部監督を務め、26年間、NHKの高校野球解説者でもあった。14年4月、秀岳館監督に就任してわずか2年でチームを甲子園8強に導いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る