智弁学園・小坂監督に聞く 教え子・岡本和真の素顔と実力

公開日:  更新日:

 20日に初日を迎える第88回センバツ高校野球。開会式直後の第1試合で福井工大福井(福井)と対戦するのが智弁学園(奈良)だ。もっか巨人で三塁のレギュラー取りを目指す2年目の岡本和真(19)の母校。教え子に関して小坂将商監督(38)に話を聞いた。

■「パワーよりテクニック」

――フリー打撃では逆方向の右翼席に次々とスタンドインさせ、巨人ナインを驚かせています。当時から右打ちは上手だったのですか。

「基本はセンター中心に飛ばせとは話していました。後は岡本自身のボールを飛ばす力でしょう」

――高校通算73本塁打。やはり、パワーは並外れていたと。

「いや、パワーじゃない。パワーは全然ないですよ。岡本はテクニックで打球を飛ばす。具体的には右手の使い方ですね。入学当時から、天性のものがありました。だから、私はあまり打撃指導はしていないんですよ。ちょっとアドバイスをするだけ。例えば、80しか力を出せない時に、100を出そうとするな、とかその程度。その時に応じた最大の力を出せというくらいでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る