智弁学園・小坂監督に聞く 教え子・岡本和真の素顔と実力

公開日:  更新日:

 20日に初日を迎える第88回センバツ高校野球。開会式直後の第1試合で福井工大福井(福井)と対戦するのが智弁学園(奈良)だ。もっか巨人で三塁のレギュラー取りを目指す2年目の岡本和真(19)の母校。教え子に関して小坂将商監督(38)に話を聞いた。

■「パワーよりテクニック」

――フリー打撃では逆方向の右翼席に次々とスタンドインさせ、巨人ナインを驚かせています。当時から右打ちは上手だったのですか。

「基本はセンター中心に飛ばせとは話していました。後は岡本自身のボールを飛ばす力でしょう」

――高校通算73本塁打。やはり、パワーは並外れていたと。

「いや、パワーじゃない。パワーは全然ないですよ。岡本はテクニックで打球を飛ばす。具体的には右手の使い方ですね。入学当時から、天性のものがありました。だから、私はあまり打撃指導はしていないんですよ。ちょっとアドバイスをするだけ。例えば、80しか力を出せない時に、100を出そうとするな、とかその程度。その時に応じた最大の力を出せというくらいでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る