野球賭博の余波がセンバツに 巨人が球児高校から総スカン

公開日: 更新日:

 昨年から続く巨人野球賭博騒動は、年が明けても収まらない。福田、笠原、松本竜の3選手に続き、今月に入って4人目の高木京の関与が明らかになった。22日には高木の1年間の失格処分が下され、巨人には彼ら4人以外にも裏カジノに出入りした選手がいたことや、野球賭博常習者Bと賭けゴルフをした選手が3人いたことも明らかになった。

 23日には12球団代表者会議を行い、「12球団共同声明」を発表。巨人も「野球賭博問題では各方面に多大なご迷惑をおかけし、改めて深くお詫び申し上げます」とのコメントを発表したが、裏カジノへの出入りや、野球賭博常習者との付き合いは、野球協約に抵触する可能性もある重大事案。それだけに巨人の看板を背負ってスカウティング活動を続ける現場の人たちにとって、一連の事件によるダメージは計り知れないようだ。

 センバツ高校野球が行われている甲子園球場のネット裏で、巨人のあるスカウトがセのベテランスカウトにため息をつきながら、こんな内容をボヤいたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  9. 9

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  10. 10

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

もっと見る