• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球賭博の余波がセンバツに 巨人が球児高校から総スカン

 昨年から続く巨人の野球賭博騒動は、年が明けても収まらない。福田、笠原、松本竜の3選手に続き、今月に入って4人目の高木京の関与が明らかになった。22日には高木の1年間の失格処分が下され、巨人には彼ら4人以外にも裏カジノに出入りした選手がいたことや、野球賭博常習者Bと賭けゴルフをした選手が3人いたことも明らかになった。

 23日には12球団代表者会議を行い、「12球団共同声明」を発表。巨人も「野球賭博問題では各方面に多大なご迷惑をおかけし、改めて深くお詫び申し上げます」とのコメントを発表したが、裏カジノへの出入りや、野球賭博常習者との付き合いは、野球協約に抵触する可能性もある重大事案。それだけに巨人の看板を背負ってスカウティング活動を続ける現場の人たちにとって、一連の事件によるダメージは計り知れないようだ。

 センバツ高校野球が行われている甲子園球場のネット裏で、巨人のあるスカウトがセのベテランスカウトにため息をつきながら、こんな内容をボヤいたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る