スカウト腰砕け…木更津総合・早川に「早大進学」情報

公開日: 更新日:

 今年のセンバツでネット裏のプロスカウトをうならせたのは、今大会注目の木更津総合の左腕・早川隆久(3年)だった。

 準々決勝で秀岳館に逆転サヨナラで敗れたものの、「(腰の)故障明けだったにしては、バランスが良くて完成度が高い。ドラフト上位候補です」とプロの評価をさらに上げたが、パのスカウトが続ける。

「早川は早大進学が第1希望という情報があるんですよ。早大は“13番目の球団”と言われるくらい厳選された有力高校生が集まる。木更津総合の五島監督は早大OBで、昨年もドラフト候補だった遊撃手の檜村が早大にスポーツ推薦で入学した経緯がある。現在の4年生にも木更津総合のエースだった黄本が在籍中。定期的に早大に進学しているという実績は、高校側にとっても大きい。『大学で体力をつけるべき』という監督の考えもあるみたいで、早稲田のブランド力には勝てませんわ」

 プロもお手上げの「13番目の球団」は、なかなか手ごわい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  4. 4

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る