スカウト腰砕け…木更津総合・早川に「早大進学」情報

公開日:  更新日:

 今年のセンバツでネット裏のプロスカウトをうならせたのは、今大会注目の木更津総合の左腕・早川隆久(3年)だった。

 準々決勝で秀岳館に逆転サヨナラで敗れたものの、「(腰の)故障明けだったにしては、バランスが良くて完成度が高い。ドラフト上位候補です」とプロの評価をさらに上げたが、パのスカウトが続ける。

「早川は早大進学が第1希望という情報があるんですよ。早大は“13番目の球団”と言われるくらい厳選された有力高校生が集まる。木更津総合の五島監督は早大OBで、昨年もドラフト候補だった遊撃手の檜村が早大にスポーツ推薦で入学した経緯がある。現在の4年生にも木更津総合のエースだった黄本が在籍中。定期的に早大に進学しているという実績は、高校側にとっても大きい。『大学で体力をつけるべき』という監督の考えもあるみたいで、早稲田のブランド力には勝てませんわ」

 プロもお手上げの「13番目の球団」は、なかなか手ごわい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る