スカウト腰砕け…木更津総合・早川に「早大進学」情報

公開日: 更新日:

 今年のセンバツでネット裏のプロスカウトをうならせたのは、今大会注目の木更津総合の左腕・早川隆久(3年)だった。

 準々決勝で秀岳館に逆転サヨナラで敗れたものの、「(腰の)故障明けだったにしては、バランスが良くて完成度が高い。ドラフト上位候補です」とプロの評価をさらに上げたが、パのスカウトが続ける。

「早川は早大進学が第1希望という情報があるんですよ。早大は“13番目の球団”と言われるくらい厳選された有力高校生が集まる。木更津総合の五島監督は早大OBで、昨年もドラフト候補だった遊撃手の檜村が早大にスポーツ推薦で入学した経緯がある。現在の4年生にも木更津総合のエースだった黄本が在籍中。定期的に早大に進学しているという実績は、高校側にとっても大きい。『大学で体力をつけるべき』という監督の考えもあるみたいで、早稲田のブランド力には勝てませんわ」

 プロもお手上げの「13番目の球団」は、なかなか手ごわい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る