性格重視補強ズバリ 巨人GMが語るギャレット獲得の舞台裏

公開日: 更新日:

 巨人は新助っ人コンビのアベック弾で29日のDeNA戦に勝利。開幕4連勝を飾った。

 二回に5番ルイス・クルーズ(32)の2号ソロで先制すると、四回には4番ギャレット・ジョーンズ(34)が2試合連続となる2号2ラン。「直球を待つ中で、変化球を呼び込んで打つことができた」と自画自賛したギャレットは、27日のヤクルト戦でも起死回生の逆転本塁打を放った。他球団からは早くも、「今年の巨人の助っ人は当たり」と警戒する声が聞こえてくる。

 巨人の助っ人外国人と言えば、特にここ最近の野手は失敗続き。昨季もキューバ人のセペダ(年俸約1億5000万円→3500万円)、途中加入のフランシスコ(同1億4300万円)、カステヤーノス(同3700万円)が、活躍することなくチームを去った。

 それが今年はどうだ。日本球界3年目でロッテから移籍のクルーズはともかく、ギャレットも大当たりの気配。勝算はあったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る