性格重視補強ズバリ 巨人GMが語るギャレット獲得の舞台裏

公開日:  更新日:

 巨人は新助っ人コンビのアベック弾で29日のDeNA戦に勝利。開幕4連勝を飾った。

 二回に5番ルイス・クルーズ(32)の2号ソロで先制すると、四回には4番ギャレット・ジョーンズ(34)が2試合連続となる2号2ラン。「直球を待つ中で、変化球を呼び込んで打つことができた」と自画自賛したギャレットは、27日のヤクルト戦でも起死回生の逆転本塁打を放った。他球団からは早くも、「今年の巨人の助っ人は当たり」と警戒する声が聞こえてくる。

 巨人の助っ人外国人と言えば、特にここ最近の野手は失敗続き。昨季もキューバ人のセペダ(年俸約1億5000万円→3500万円)、途中加入のフランシスコ(同1億4300万円)、カステヤーノス(同3700万円)が、活躍することなくチームを去った。

 それが今年はどうだ。日本球界3年目でロッテから移籍のクルーズはともかく、ギャレットも大当たりの気配。勝算はあったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る