性格重視補強ズバリ 巨人GMが語るギャレット獲得の舞台裏

公開日:  更新日:

 巨人は新助っ人コンビのアベック弾で29日のDeNA戦に勝利。開幕4連勝を飾った。

 二回に5番ルイス・クルーズ(32)の2号ソロで先制すると、四回には4番ギャレット・ジョーンズ(34)が2試合連続となる2号2ラン。「直球を待つ中で、変化球を呼び込んで打つことができた」と自画自賛したギャレットは、27日のヤクルト戦でも起死回生の逆転本塁打を放った。他球団からは早くも、「今年の巨人の助っ人は当たり」と警戒する声が聞こえてくる。

 巨人の助っ人外国人と言えば、特にここ最近の野手は失敗続き。昨季もキューバ人のセペダ(年俸約1億5000万円→3500万円)、途中加入のフランシスコ(同1億4300万円)、カステヤーノス(同3700万円)が、活躍することなくチームを去った。

 それが今年はどうだ。日本球界3年目でロッテから移籍のクルーズはともかく、ギャレットも大当たりの気配。勝算はあったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る