巨人ギャレット「マイペース調整」で見えた“別格”の片鱗

公開日: 更新日:

 前日の練習を発熱による体調不良で休んだギャレット・ジョーンズ(34=前ヤンキース)が4日、復帰。午前中は一塁で初めて投内連係、バントシフト、牽制の練習を行い、コーチ陣とコミュニケーションを取りながら、巨人の内野守備の連係を確認した。

 午後のフリー打撃では、相変わらず4番の有力候補らしからぬ、低くて速い打球を連発。ネット裏で視察する他球団のスコアラーを「長距離打者なのに、あまり打球が上がりませんね。あれは意識して低く打っている。まだ軽く流している感じだから、全然参考になりません」と嘆かせた。

 3日目には熱が出たと練習をパス。この日の打撃練習もバットを合わせるだけで、完全にマイペース調整なのだ。

 先月末の入団会見では堤GMから「実戦から力を出してくれればいいと言ってある」と言われている。この日、第1クールを総括した高橋由伸監督(40)も、ギャレットとクルーズの新外国人については「この環境に慣れてもらって、実戦が始まるまでは自分のペースでやってもらう。本人に任せようと思う」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る