巨人ギャレット「マイペース調整」で見えた“別格”の片鱗

公開日: 更新日:

 前日の練習を発熱による体調不良で休んだギャレット・ジョーンズ(34=前ヤンキース)が4日、復帰。午前中は一塁で初めて投内連係、バントシフト、牽制の練習を行い、コーチ陣とコミュニケーションを取りながら、巨人の内野守備の連係を確認した。

 午後のフリー打撃では、相変わらず4番の有力候補らしからぬ、低くて速い打球を連発。ネット裏で視察する他球団のスコアラーを「長距離打者なのに、あまり打球が上がりませんね。あれは意識して低く打っている。まだ軽く流している感じだから、全然参考になりません」と嘆かせた。

 3日目には熱が出たと練習をパス。この日の打撃練習もバットを合わせるだけで、完全にマイペース調整なのだ。

 先月末の入団会見では堤GMから「実戦から力を出してくれればいいと言ってある」と言われている。この日、第1クールを総括した高橋由伸監督(40)も、ギャレットとクルーズの新外国人については「この環境に慣れてもらって、実戦が始まるまでは自分のペースでやってもらう。本人に任せようと思う」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る