<第1回>ドジャースでは計40人ものクビが飛んだ

公開日:  更新日:

 メジャーはいま、スカウト受難の時代だ。

 アスレチックスのビリー・ビーンGM(54)は、選手の実力を数値化して評価。いわゆるセイバーメトリクスを用いてプレーオフ常連の強豪チームをつくり上げた。同GMの手法を描いた小説「マネーボール」はベストセラーになり、映画化もされた。アスレチックスのように数字を重視したチームづくりをする球団が増えているのだ。

 最たる例がドジャースだ。

 14年10月、アンドリュー・フリードマン(39)が編成部門の取締役に就任。ウォール街の投資銀行出身という異色の経歴ながら、弱小球団だったレイズを強豪に変えた実績を評価され、5年総額約40億円という破格の待遇で迎えられた。

 フリードマンとともにそれまでアスレチックスのGM補佐、つまりビーンGMの下で働いていたファーハン・ザイディ(39)をGMに据えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る