<第1回>ドジャースでは計40人ものクビが飛んだ

公開日:  更新日:

 メジャーはいま、スカウト受難の時代だ。

 アスレチックスのビリー・ビーンGM(54)は、選手の実力を数値化して評価。いわゆるセイバーメトリクスを用いてプレーオフ常連の強豪チームをつくり上げた。同GMの手法を描いた小説「マネーボール」はベストセラーになり、映画化もされた。アスレチックスのように数字を重視したチームづくりをする球団が増えているのだ。

 最たる例がドジャースだ。

 14年10月、アンドリュー・フリードマン(39)が編成部門の取締役に就任。ウォール街の投資銀行出身という異色の経歴ながら、弱小球団だったレイズを強豪に変えた実績を評価され、5年総額約40億円という破格の待遇で迎えられた。

 フリードマンとともにそれまでアスレチックスのGM補佐、つまりビーンGMの下で働いていたファーハン・ザイディ(39)をGMに据えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る