<第1回>ドジャースでは計40人ものクビが飛んだ

公開日: 更新日:

 メジャーはいま、スカウト受難の時代だ。

 アスレチックスのビリー・ビーンGM(54)は、選手の実力を数値化して評価。いわゆるセイバーメトリクスを用いてプレーオフ常連の強豪チームをつくり上げた。同GMの手法を描いた小説「マネーボール」はベストセラーになり、映画化もされた。アスレチックスのように数字を重視したチームづくりをする球団が増えているのだ。

 最たる例がドジャースだ。

 14年10月、アンドリュー・フリードマン(39)が編成部門の取締役に就任。ウォール街の投資銀行出身という異色の経歴ながら、弱小球団だったレイズを強豪に変えた実績を評価され、5年総額約40億円という破格の待遇で迎えられた。

 フリードマンとともにそれまでアスレチックスのGM補佐、つまりビーンGMの下で働いていたファーハン・ザイディ(39)をGMに据えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る