他競技に騒動拡大か バド協会も憂慮する田児の“賭博人脈”

公開日: 更新日:

 バドミントンの新旧エースに厳罰が下った。

 日本男子のエース・桃田賢斗(21=NTT東日本)と12年ロンドン五輪代表・田児賢一(26=同)の2人が闇カジノに出入りしていた問題で、日本バドミントン協会が10日、都内で緊急理事会を招集。桃田に無期限の出場停止処分、より常習性の高い田児には除名の次に重い無期限の協会登録抹消処分を科すことを決めた。メダルを期待された桃田のリオ五輪出場の可能性は完全消滅。会見した協会の銭谷専務理事は「違法行為に対し協会が毅然として処分を下さないといけない」などと話し深々と頭を下げた。

「協会は、両選手の競技復帰、桃田の20年東京五輪出場の可能性について『ゼロではない』と言っていたが、今回の騒動が他競技に及ぶのではないかとの懸念が広がっています。憂慮されているのは、桃田やOBを含む他の同僚6選手を闇賭博に誘い込んだ田児の存在です」(アマ競技団体関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る