他競技に騒動拡大か バド協会も憂慮する田児の“賭博人脈”

公開日:  更新日:

 バドミントンの新旧エースに厳罰が下った。

 日本男子のエース・桃田賢斗(21=NTT東日本)と12年ロンドン五輪代表・田児賢一(26=同)の2人が闇カジノに出入りしていた問題で、日本バドミントン協会が10日、都内で緊急理事会を招集。桃田に無期限の出場停止処分、より常習性の高い田児には除名の次に重い無期限の協会登録抹消処分を科すことを決めた。メダルを期待された桃田のリオ五輪出場の可能性は完全消滅。会見した協会の銭谷専務理事は「違法行為に対し協会が毅然として処分を下さないといけない」などと話し深々と頭を下げた。

「協会は、両選手の競技復帰、桃田の20年東京五輪出場の可能性について『ゼロではない』と言っていたが、今回の騒動が他競技に及ぶのではないかとの懸念が広がっています。憂慮されているのは、桃田やOBを含む他の同僚6選手を闇賭博に誘い込んだ田児の存在です」(アマ競技団体関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る