“合コン王”の異名も 闇カジノ出入りバド桃田のド派手生活

公開日: 更新日:

 五輪メダルは夢と消えた。

 暴力団の関与が濃厚な国内の違法カジノへの出入りが発覚した、バドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)。ともに所属するNTT東日本の調査で事実関係を認めている。

 8日、都内で会見を行った桃田は、「このような事態を招いてしまい本当にすみませんでした。今まで育ててきてくださった方々や福島県の皆様や、後援会まで作ってくださった香川県の皆様を裏切ることになってしまい、深く反省しております。本当にすみませんでした」などと謝罪したものの、桃田は現在、世界ランク4位。リオ五輪では代表入りどころかメダルも期待されていたが、これですべてパーだ。

 香川県出身の桃田は小学6年時に全国小学生選手権シングルスで優勝。バドミントン選手育成に力を入れている福島県富岡市の中学校に進学した。富岡高校時代の12年、世界ジュニア選手権で優勝すると、NTT東日本入社後も世界を舞台に活躍。世界大会では7度の優勝を誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る