“合コン王”の異名も 闇カジノ出入りバド桃田のド派手生活

公開日: 更新日:

 五輪メダルは夢と消えた。

 暴力団の関与が濃厚な国内の違法カジノへの出入りが発覚した、バドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)。ともに所属するNTT東日本の調査で事実関係を認めている。

 8日、都内で会見を行った桃田は、「このような事態を招いてしまい本当にすみませんでした。今まで育ててきてくださった方々や福島県の皆様や、後援会まで作ってくださった香川県の皆様を裏切ることになってしまい、深く反省しております。本当にすみませんでした」などと謝罪したものの、桃田は現在、世界ランク4位。リオ五輪では代表入りどころかメダルも期待されていたが、これですべてパーだ。

 香川県出身の桃田は小学6年時に全国小学生選手権シングルスで優勝。バドミントン選手育成に力を入れている福島県富岡市の中学校に進学した。富岡高校時代の12年、世界ジュニア選手権で優勝すると、NTT東日本入社後も世界を舞台に活躍。世界大会では7度の優勝を誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る