自白なら処分1年…野球賭博“時限立法”に透ける球界の焦り

公開日:  更新日:

 次は一体誰なのか。

 4日、プロ野球実行委員会が開かれ、野球賭博に関与した選手、関係者に対する期限付きの特例措置が承認された。

 野球賭博行為について自己申告をした場合、一度は無期失格処分になっても、1年後に改悛の情があれば熊崎コミッショナーの判断で処分が解除されるというもの。4月6日から25日までの20日間の期間限定で実施される。

 NPB調査委員会の大鶴委員長はこの“時限立法”について、「野球協約の範囲内でのギリギリの措置。仮に有害行為をした選手がいるとすれば、申告しようかどうかという苦しみから、早期に解放してあげる必要性がある」と説明。まるで、すでに処分を受けた巨人4選手以外にも野球賭博をやっている選手がいるかのような口ぶりだ。

 処分を軽くすることで全容解明のための情報不足を補う意図があると同時に、同コミッショナーは先日、賭博行為で無期失格処分となった巨人の笠原将生の事情聴取を進めることを明かしている。この日までに聴取は実現していないが、今後の笠原の証言によって「第5の男」がアブり出される可能性はゼロではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る