自白なら処分1年…野球賭博“時限立法”に透ける球界の焦り

公開日: 更新日:

 次は一体誰なのか。

 4日、プロ野球実行委員会が開かれ、野球賭博に関与した選手、関係者に対する期限付きの特例措置が承認された。

 野球賭博行為について自己申告をした場合、一度は無期失格処分になっても、1年後に改悛の情があれば熊崎コミッショナーの判断で処分が解除されるというもの。4月6日から25日までの20日間の期間限定で実施される。

 NPB調査委員会の大鶴委員長はこの“時限立法”について、「野球協約の範囲内でのギリギリの措置。仮に有害行為をした選手がいるとすれば、申告しようかどうかという苦しみから、早期に解放してあげる必要性がある」と説明。まるで、すでに処分を受けた巨人4選手以外にも野球賭博をやっている選手がいるかのような口ぶりだ。

 処分を軽くすることで全容解明のための情報不足を補う意図があると同時に、同コミッショナーは先日、賭博行為で無期失格処分となった巨人の笠原将生の事情聴取を進めることを明かしている。この日までに聴取は実現していないが、今後の笠原の証言によって「第5の男」がアブり出される可能性はゼロではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る