コーチ配転で連敗脱出も オリ低迷で問われる“責任の所在”

公開日:  更新日:

 次は監督の休養か。チーム周辺では、そんな声も出ている。

 最下位に沈むオリックスが13日、一軍投手コーチの配置転換を発表。ベンチ担当だった酒井コーチとブルペン担当だった小林コーチを入れ替えた。オリックスのチーム防御率は12球団で唯一の6点台となる、ワーストの6.25。先発もリリーフも総崩れという状態に球団フロントが業を煮やした格好だが、このチームの問題はなにも投手陣だけではない。

 開幕13試合を終えて本塁打ゼロと2リーグ制後のプロ野球ワースト記録を更新した打線も、両リーグ最下位のチーム打率.217。1試合平均2.6点を取るのがやっとという現状には、選手だけでなくベンチの無策にも厳しい目が向けられているのは事実だ。

 昨年5月に成績不振を理由に森脇監督が休養したオリックスは、12年の岡田監督、08年のコリンズ監督と、ここ8年で3人もの途中休養監督を出している。簡単に指揮官のクビをすげ替える球団だけに、昨年の代行から昇格した福良新監督も「いつまで指揮を執っていられることやら」(在阪マスコミ関係者)と言われているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る