コーチ配転で連敗脱出も オリ低迷で問われる“責任の所在”

公開日: 更新日:

 次は監督の休養か。チーム周辺では、そんな声も出ている。

 最下位に沈むオリックスが13日、一軍投手コーチの配置転換を発表。ベンチ担当だった酒井コーチとブルペン担当だった小林コーチを入れ替えた。オリックスのチーム防御率は12球団で唯一の6点台となる、ワーストの6.25。先発もリリーフも総崩れという状態に球団フロントが業を煮やした格好だが、このチームの問題はなにも投手陣だけではない。

 開幕13試合を終えて本塁打ゼロと2リーグ制後のプロ野球ワースト記録を更新した打線も、両リーグ最下位のチーム打率.217。1試合平均2.6点を取るのがやっとという現状には、選手だけでなくベンチの無策にも厳しい目が向けられているのは事実だ。

 昨年5月に成績不振を理由に森脇監督が休養したオリックスは、12年の岡田監督、08年のコリンズ監督と、ここ8年で3人もの途中休養監督を出している。簡単に指揮官のクビをすげ替える球団だけに、昨年の代行から昇格した福良新監督も「いつまで指揮を執っていられることやら」(在阪マスコミ関係者)と言われているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…