オリ安達「潰瘍性大腸炎」で入院 プロ野球生活への影響は

公開日: 更新日:

 プレーに影響はあるのか――。オリックスの正遊撃手・安達了一(28)が潰瘍性大腸炎で入院したことについてだ。

 この病気は、安倍首相が患っていることで知られる。厚生労働省から特定疾患に指定されている難病で、原因は不明という。世田谷井上病院の井上毅一理事長が解説する。

「主として大腸の粘膜に潰瘍のようなものができる病気です。ひどくなると血便、発熱が続き、下血が多いと手術するケースもある。大腸に限らず、足の関節が炎症を起こして痛んだり、目の虹彩が炎症を起こしたりもします。『寛解』といって一時的によくなっても、再発することも多々あり、がん化する危険もある。最近は増加傾向にあり、30歳以下の若い人が発症することが多いですね」

 国内では10万人を超える患者がいるが、現状では完治することはないといわれている。安達は、プロ野球選手を続けていくことができるのか。前出の井上院長が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る