オリ安達「潰瘍性大腸炎」で入院 プロ野球生活への影響は

公開日:  更新日:

 プレーに影響はあるのか――。オリックスの正遊撃手・安達了一(28)が潰瘍性大腸炎で入院したことについてだ。

 この病気は、安倍首相が患っていることで知られる。厚生労働省から特定疾患に指定されている難病で、原因は不明という。世田谷井上病院の井上毅一理事長が解説する。

「主として大腸の粘膜に潰瘍のようなものができる病気です。ひどくなると血便、発熱が続き、下血が多いと手術するケースもある。大腸に限らず、足の関節が炎症を起こして痛んだり、目の虹彩が炎症を起こしたりもします。『寛解』といって一時的によくなっても、再発することも多々あり、がん化する危険もある。最近は増加傾向にあり、30歳以下の若い人が発症することが多いですね」

 国内では10万人を超える患者がいるが、現状では完治することはないといわれている。安達は、プロ野球選手を続けていくことができるのか。前出の井上院長が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る