世界の王に並んだSB柳田 日本タイ「18戦連続四球」の価値

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの柳田(27)が、とうとう「世界の王」の記録に並んだ。といってもホームランの数ではない。ソフトバンクの王球団会長が巨人時代の70年に樹立した、18試合連続四球の日本記録だ。

 しかも、王会長の記録にはなかった「開幕から」という枕がつくのだから、単純に比較すれば価値はそれ以上だろう。19日のロッテ戦で今季は25四球。ここまで86打席なので、実に4打席に1回以上歩かされている計算だ。

 昨季トリプルスリーを達成した柳田だけに、相手バッテリーから最大限の警戒をされている。「四球なら御の字」とばかりにコースを攻められ、肝心の打率は.267と低迷中だ。

 しかし、悪いことばかりではない。この日は2三振も、大記録となった八回の四球は、決勝点となる押し出し四球。これでソフトバンクは7連勝となり、首位に浮上した。

 藤井チーフ打撃コーチが「とにかく辛抱」と話していた、柳田への四球攻め。昨季とは違った形でチームに貢献している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る