世界の王に並んだSB柳田 日本タイ「18戦連続四球」の価値

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの柳田(27)が、とうとう「世界の王」の記録に並んだ。といってもホームランの数ではない。ソフトバンクの王球団会長が巨人時代の70年に樹立した、18試合連続四球の日本記録だ。

 しかも、王会長の記録にはなかった「開幕から」という枕がつくのだから、単純に比較すれば価値はそれ以上だろう。19日のロッテ戦で今季は25四球。ここまで86打席なので、実に4打席に1回以上歩かされている計算だ。

 昨季トリプルスリーを達成した柳田だけに、相手バッテリーから最大限の警戒をされている。「四球なら御の字」とばかりにコースを攻められ、肝心の打率は.267と低迷中だ。

 しかし、悪いことばかりではない。この日は2三振も、大記録となった八回の四球は、決勝点となる押し出し四球。これでソフトバンクは7連勝となり、首位に浮上した。

 藤井チーフ打撃コーチが「とにかく辛抱」と話していた、柳田への四球攻め。昨季とは違った形でチームに貢献している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る