• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界の王に並んだSB柳田 日本タイ「18戦連続四球」の価値

 ソフトバンクの柳田(27)が、とうとう「世界の王」の記録に並んだ。といってもホームランの数ではない。ソフトバンクの王球団会長が巨人時代の70年に樹立した、18試合連続四球の日本記録だ。

 しかも、王会長の記録にはなかった「開幕から」という枕がつくのだから、単純に比較すれば価値はそれ以上だろう。19日のロッテ戦で今季は25四球。ここまで86打席なので、実に4打席に1回以上歩かされている計算だ。

 昨季トリプルスリーを達成した柳田だけに、相手バッテリーから最大限の警戒をされている。「四球なら御の字」とばかりにコースを攻められ、肝心の打率は.267と低迷中だ。

 しかし、悪いことばかりではない。この日は2三振も、大記録となった八回の四球は、決勝点となる押し出し四球。これでソフトバンクは7連勝となり、首位に浮上した。

 藤井チーフ打撃コーチが「とにかく辛抱」と話していた、柳田への四球攻め。昨季とは違った形でチームに貢献している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る