“九州男児”またも爆発 吉村が突如奮起でソフトBが6連勝

公開日:  更新日:

 眠れる男が目を覚ました。

 ソフトバンクの吉村(32)は開幕から16打数無安打。出番が少なく、必然的に調子も上がらない。17日に3点ビハインドの九回2死一、二塁の場面で代打出場した時も、相手が楽天の守護神・松井裕だけに凡退を予想したファンも多かっただろう。

 ところが、今季初安打はまさかの同点3ラン。さらに延長十二回にはサヨナラ2ランを放ち、一躍ヒーローの座を掴んだ。

 吉村の心に火をつけたのが、今もなお被害が拡大している熊本地震。

「打てないくらいで悩んではダメ。苦しんで戦っている人がいる」と、己を奮い立たせた。

 ここ数日、球界では九州出身選手が活躍している。大分出身の内川が15日のお立ち台で被災者を思って涙を流せば、この日も福岡出身の巨人村田が決勝打。「ここで(走者を)かえさないと、福岡で生まれた意味がない」と言い切った。

 吉村も福岡出身で、東福岡高校では村田の後輩。震災被害と被災者にかける思いは、彼らにも負けてはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る