ソフトB復帰後初勝利の和田に指揮官が託す“本当の役割”

公開日: 更新日:

 誰にでも出来ることではない。

 12日の西武戦で、ホークス復帰後初勝利を手にしたソフトバンクの和田毅(35)。六回に中村のソロを浴びるも、6回6安打2四球1失点と役割を果たした。

 その和田とバッテリーを組んだのが高卒6年目の捕手、斐紹(23)。開幕から6試合に先発マスクをかぶっているが、決して工藤監督の信頼が厚いわけではない。むしろその逆、「育成の必要があるから、試合に出してもらっている」と言うのが正しいだろう。

 斐紹がこれまで先発バッテリーを組んだのは、左腕の和田と右腕の摂津(33)が3試合ずつ。いずれもベテラン投手だ。

 思えば、工藤監督もダイエー時代に若手捕手相手に投げていたことがある。相手は後に球界屈指の捕手になる城島だ。城島が入団3年目の97年に一軍に抜擢されると、工藤監督や武田一浩(現評論家)といったベテラン投手がバッテリーを組んだ。これは「経験豊富な一流投手に、厳しく育ててもらおう」という王監督(当時)と若菜バッテリーコーチ(同)の考えだった。斐紹を育てたい工藤監督は和田と摂津を教育係に「任命」したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る