ソフトB復帰後初勝利の和田に指揮官が託す“本当の役割”

公開日: 更新日:

 誰にでも出来ることではない。

 12日の西武戦で、ホークス復帰後初勝利を手にしたソフトバンク和田毅(35)。六回に中村のソロを浴びるも、6回6安打2四球1失点と役割を果たした。

 その和田とバッテリーを組んだのが高卒6年目の捕手、斐紹(23)。開幕から6試合に先発マスクをかぶっているが、決して工藤監督の信頼が厚いわけではない。むしろその逆、「育成の必要があるから、試合に出してもらっている」と言うのが正しいだろう。

 斐紹がこれまで先発バッテリーを組んだのは、左腕の和田と右腕の摂津(33)が3試合ずつ。いずれもベテラン投手だ。

 思えば、工藤監督もダイエー時代に若手捕手相手に投げていたことがある。相手は後に球界屈指の捕手になる城島だ。城島が入団3年目の97年に一軍に抜擢されると、工藤監督や武田一浩(現評論家)といったベテラン投手がバッテリーを組んだ。これは「経験豊富な一流投手に、厳しく育ててもらおう」という王監督(当時)と若菜バッテリーコーチ(同)の考えだった。斐紹を育てたい工藤監督は和田と摂津を教育係に「任命」したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る