ソフトB復帰後初勝利の和田に指揮官が託す“本当の役割”

公開日: 更新日:

 誰にでも出来ることではない。

 12日の西武戦で、ホークス復帰後初勝利を手にしたソフトバンク和田毅(35)。六回に中村のソロを浴びるも、6回6安打2四球1失点と役割を果たした。

 その和田とバッテリーを組んだのが高卒6年目の捕手、斐紹(23)。開幕から6試合に先発マスクをかぶっているが、決して工藤監督の信頼が厚いわけではない。むしろその逆、「育成の必要があるから、試合に出してもらっている」と言うのが正しいだろう。

 斐紹がこれまで先発バッテリーを組んだのは、左腕の和田と右腕の摂津(33)が3試合ずつ。いずれもベテラン投手だ。

 思えば、工藤監督もダイエー時代に若手捕手相手に投げていたことがある。相手は後に球界屈指の捕手になる城島だ。城島が入団3年目の97年に一軍に抜擢されると、工藤監督や武田一浩(現評論家)といったベテラン投手がバッテリーを組んだ。これは「経験豊富な一流投手に、厳しく育ててもらおう」という王監督(当時)と若菜バッテリーコーチ(同)の考えだった。斐紹を育てたい工藤監督は和田と摂津を教育係に「任命」したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る