• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

頭を抱えるテレビ局…五輪ゴルフ競技は中継に最も不向き

 トッププロの五輪出場辞退が相次いでいる。A・スコット(35=豪州)、V・シン(53=フィジー)に続き、スペインのS・ガルシア(36)、M・ヒメネス(52)、南アフリカのL・ウェストヘーゼン(33)、S・シュワーツェル(31)も参加しないことを表明。トッププロ不在の寂しいリオ大会になりそうだ。

 A・スコットが「僕はメジャーで最高のプレーができるように日程を組む。(五輪は)エキシビション」と言ったように、多くのプロが五輪よりメジャーを重要視しているのが理由だ。プロにとって五輪で金メダルを獲得しても賞金はなく、ウエアのロゴ表示を規制されるなど、メリットが少ないからだ。

 五輪後に行われる米ツアープレーオフで勝者になれば約10億円ものカネと名誉が手に入る。五輪など眼中にないのがよくわかる。

 さらに世界ランクとは別に開催国ブラジルと5大陸ごとに出場枠が1つ与えられるため、世界ランク300位台の無名プロでも出場できる。世界のトップたちによるハイレベルな大会とはほど遠いのも敬遠材料になっている。そんな状況だからテレビ局も頭を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る