頭を抱えるテレビ局…五輪ゴルフ競技は中継に最も不向き

公開日: 更新日:

 トッププロの五輪出場辞退が相次いでいる。A・スコット(35=豪州)、V・シン(53=フィジー)に続き、スペインのS・ガルシア(36)、M・ヒメネス(52)、南アフリカのL・ウェストヘーゼン(33)、S・シュワーツェル(31)も参加しないことを表明。トッププロ不在の寂しいリオ大会になりそうだ。

 A・スコットが「僕はメジャーで最高のプレーができるように日程を組む。(五輪は)エキシビション」と言ったように、多くのプロが五輪よりメジャーを重要視しているのが理由だ。プロにとって五輪で金メダルを獲得しても賞金はなく、ウエアのロゴ表示を規制されるなど、メリットが少ないからだ。

 五輪後に行われる米ツアープレーオフで勝者になれば約10億円ものカネと名誉が手に入る。五輪など眼中にないのがよくわかる。

 さらに世界ランクとは別に開催国ブラジルと5大陸ごとに出場枠が1つ与えられるため、世界ランク300位台の無名プロでも出場できる。世界のトップたちによるハイレベルな大会とはほど遠いのも敬遠材料になっている。そんな状況だからテレビ局も頭を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る