サイバー女子ゴルフ トーナメント会場が変更になった理由

公開日: 更新日:

【サイバーエージェント】

 今大会は2010年から昨年まで6年連続で鶴舞CC(千葉)で開催されていたが、今年から静岡へと会場が変更になった。

 都心に近い方が集客が見込め、大会が盛り上がるのに「わざわざアクセスが悪く、知名度も低いコース」(ツアー関係者)で開催するのはなぜか。

 大会関係者によると、「(鶴舞CCは)コースの認知度を上げるという当初の目的を達成したからトーナメント会場から降りた」という理由だった。

 プロ大会を開催するゴルフ場の思惑は、知名度をアップし、集客増と会員権の相場を上げることだ。

「もともと鶴舞CCは会員権を売るために、トーナメント開催コースという“売り”が欲しかった。大会を開催していた13年4月には325万円(登録金105万円+預託金220万円)で100口、同年7月には426万円(登録金126万円+預託金300万円)で50口募集し、すべて完売しました。ところが現在の相場は120万円。名変料込みでも240万円と募集金額を大きく下回っている。女子大会を開催してもちっともゴルフ場の価値は上がらず、鶴舞CCにしたら、アテが外れたと思っているのでしょう」(会員権業者)

 人気の女子プロを利用して、あの手この手のもうけ話があるようだが、鶴舞CCのように思惑が外れて評価ダウンという逆パターンも実際に起きている。女子大会の人気神話も薄れてきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る