サングラス姿で取材対応 池田勇太に「イメージ悪い」の声

公開日:  更新日:

【中日クラウンズ】

「なんなんだ、あの格好は?」

 と関係者から大ヒンシュクを買ったのが、池田勇太(30)だ。この日(29日)はホールアウト後に行われたテレビインタビューとゴルフ記者の囲み取材で、プレー中同様にサングラスをかけたままだったからだ。

 今季からウエア契約が変わり、外見が昨年までの角刈りアンチャン風情からスマートになって、イメージチェンジをアピールしていた。

「この先も楽しませますよ。約束します」と言っていたのは、こんなことだったのか。

 ツアー関係者が、「男子大会にとってイメージが悪い」とこう言う。

「多くの人がプロゴルファーにあこがれる、爽やかなイメージとかけ離れている。それも、いかついサングラスをかけたままなら、ファンも近寄りがたい。日本のプロゴルファーは試合中にたばこを吸ったり、ミスした時にクラブを地面にたたきつけるなどアマチュアのお手本になるという考えがない。それと同じで、池田の軽率な行動はプロとファンとの距離を遠ざけてしまうことになる。せっかく大会を盛り上げようとツアー関係者全員が頑張っているのに、そんな努力も池田のサングラス姿で全部ぶち壊しですよ」

 そもそもサングラスをかけたまま取材に応じること自体マナーに反する。

 先週は「(和合Cは)嫌い」と問題発言も飛び出した。ファンサービスのなんたるかを、池田はちっとも分かっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る