• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶対的な存在感 39歳福留なくして金本阪神「超変革」なし

 勝つには勝ったが、課題も浮き彫りになった。

 阪神は5日の中日戦を1-0で勝利。先発のメッセンジャーが7回無失点と好投するなど投手が踏ん張り、大和が決勝本塁打を放って接戦を制した一方で、「金本チルドレン」の北條が得点圏の打席で2度凡退するなど、打線は5安打8残塁と振るわなかった。

 この日は、4日の試合中に古傷の左太もも裏を痛めて途中交代した福留が欠場した。今季、4番として打率.337をマークしているこの39歳のベテランの存在感がいかに大きいかは数字が物語っている。

 福留は左太もも裏の故障により、この日を含め10試合でスタメンを外れているが、先発出場時(24試合)は12勝10敗2分けで平均得点は4.58点であるのに対し、それ以外は5勝5敗で3.7点。福留がベンチスタートとなった4月15日からの中日3連戦では3連敗を喫し、金本監督も「福留一人が出ないのは大きい」と嘆いた。「超変革」というスローガンを掲げ、若手を積極的に起用している金本監督だが、古傷を抱える福留を登録抹消せず、一軍に置き続けるのは、それだけ存在感の大きさを肌で感じているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る