絶対的な存在感 39歳福留なくして金本阪神「超変革」なし

公開日:  更新日:

 勝つには勝ったが、課題も浮き彫りになった。

 阪神は5日の中日戦を1-0で勝利。先発のメッセンジャーが7回無失点と好投するなど投手が踏ん張り、大和が決勝本塁打を放って接戦を制した一方で、「金本チルドレン」の北條が得点圏の打席で2度凡退するなど、打線は5安打8残塁と振るわなかった。

 この日は、4日の試合中に古傷の左太もも裏を痛めて途中交代した福留が欠場した。今季、4番として打率.337をマークしているこの39歳のベテランの存在感がいかに大きいかは数字が物語っている。

 福留は左太もも裏の故障により、この日を含め10試合でスタメンを外れているが、先発出場時(24試合)は12勝10敗2分けで平均得点は4.58点であるのに対し、それ以外は5勝5敗で3.7点。福留がベンチスタートとなった4月15日からの中日3連戦では3連敗を喫し、金本監督も「福留一人が出ないのは大きい」と嘆いた。「超変革」というスローガンを掲げ、若手を積極的に起用している金本監督だが、古傷を抱える福留を登録抹消せず、一軍に置き続けるのは、それだけ存在感の大きさを肌で感じているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る