「超変革」どころか草野球 金本阪神が巨人に大敗の赤っ恥

公開日: 更新日:

 これで伝統の一戦と呼べるのか。27日、阪神巨人に1-11と大敗を喫した。

 試合後、「今季一番情けない。恥ずかしい試合。ファンに何を言われても仕方ない。そういう選手を送り出しているオレの責任」と硬い表情で詫びた阪神の金本監督は、この巨人との3連戦が始まる前、こう意気込んでいた。

「東京ドームでこっちが勝ち越したから、向こうも今度は敵地で勝ち越そうと思っているだろう。こちらも、そうはいかんぞというところがないとね」

 今季初めて本拠地の甲子園球場に巨人を迎え、改めて「超変革」を見せつけようとしたのだが、甲子園で繰り広げられたのは程遠く、草野球とでも言うべきものだった。

 0-2の四回。中堅の江越が村田の飛球を落球したのが草野球の始まり。記録は二塁打だったものの、限りなく失策に近い捕球ミスで傷口を広げると、1死二、三塁から投手・田口の打球を一塁のゴメスがエラー。続く長野の中前適時打を江越が今度は本塁へ暴投し、送球がバックネット前を転々とする間にさらに1点を失った。ミスのオンパレードでこの回一挙4失点。結局、坂本に2発を浴びるなど、終わってみれば11失点でボロ負け。本拠地・甲子園で赤っ恥の連敗である。巨人のの関係者がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号