「超変革」どころか草野球 金本阪神が巨人に大敗の赤っ恥

公開日: 更新日:

 これで伝統の一戦と呼べるのか。27日、阪神が巨人に1-11と大敗を喫した。

 試合後、「今季一番情けない。恥ずかしい試合。ファンに何を言われても仕方ない。そういう選手を送り出しているオレの責任」と硬い表情で詫びた阪神の金本監督は、この巨人との3連戦が始まる前、こう意気込んでいた。

「東京ドームでこっちが勝ち越したから、向こうも今度は敵地で勝ち越そうと思っているだろう。こちらも、そうはいかんぞというところがないとね」

 今季初めて本拠地の甲子園球場に巨人を迎え、改めて「超変革」を見せつけようとしたのだが、甲子園で繰り広げられたのは程遠く、草野球とでも言うべきものだった。

 0-2の四回。中堅の江越が村田の飛球を落球したのが草野球の始まり。記録は二塁打だったものの、限りなく失策に近い捕球ミスで傷口を広げると、1死二、三塁から投手・田口の打球を一塁のゴメスがエラー。続く長野の中前適時打を江越が今度は本塁へ暴投し、送球がバックネット前を転々とする間にさらに1点を失った。ミスのオンパレードでこの回一挙4失点。結局、坂本に2発を浴びるなど、終わってみれば11失点でボロ負け。本拠地・甲子園で赤っ恥の連敗である。巨人のの関係者がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る