3日で10安打の好ペースも イチロー3000安打まだ視界不良

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)が小休止である。

 24日(日本時間25日)のレイズ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。5打数無安打。相手の先発右腕オドリッジを攻略しきれず、これで先発した試合では前田健太と対戦した4月28日のドジャース戦以来、7戦ぶりの無安打に終わった。

 正左翼手イエリッチ(24)の腰痛で出場機会を得たイチローは21日(日本時間22日)からの3試合で4、2、4安打の計13打数10安打。3試合連続複数安打は、12年9月以来、実に4シーズンぶりのことだ。

 ここまでメジャー通算2960安打で、3000安打まで残り40本。45試合で25安打だから、シーズン90安打ペース。3000本は今季中に楽に到達しそうな数字でも、「そう簡単にはいかないでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る