3日で10安打の好ペースも イチロー3000安打まだ視界不良

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)が小休止である。

 24日(日本時間25日)のレイズ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。5打数無安打。相手の先発右腕オドリッジを攻略しきれず、これで先発した試合では前田健太と対戦した4月28日のドジャース戦以来、7戦ぶりの無安打に終わった。

 正左翼手イエリッチ(24)の腰痛で出場機会を得たイチローは21日(日本時間22日)からの3試合で4、2、4安打の計13打数10安打。3試合連続複数安打は、12年9月以来、実に4シーズンぶりのことだ。

 ここまでメジャー通算2960安打で、3000安打まで残り40本。45試合で25安打だから、シーズン90安打ペース。3000本は今季中に楽に到達しそうな数字でも、「そう簡単にはいかないでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る