「理由分からない」 イチローが突然の連続スタメンに驚き

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)が21日(日本時間22日)のナショナルズ戦に「1番・右翼」で2戦連続スタメン出場し、3打数2安打2得点。リードオフマンとしての役割を果たし、休養を与えられた主砲スタントンに代わって入った右翼の守備では二回にスライディングキャッチの美技を披露した。

 今季から指揮を執るマッティングリー新監督はキャンプ終盤に「イチローが昨年のように(チームトップの153試合に)出場すれば異常事態だ」と断言。ベテラン外野手の出場機会は激減するとみられていた。それだけに、試合後のイチローは「(2戦連続の先発は)びっくりした。きのうの段階で聞いてなかったから。どういう理由か分からない」と指揮官の不可解な起用法に納得いかないといった表情を見せた。

 今季は代打でも2番手の位置付けだ。今後も出番が限られるだけに、メジャー3000安打達成がかかるベテランは難しい調整を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る