• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローに痛手 弟分ゴードン出場停止で「出番激減」必至

 ベテラン外野手の出場機会はますます減りそうだ。

 28日(日本時間29日)、昨季の首位打者ディー・ゴードン二塁手(28)がドーピング違反で80試合の出場停止処分を受けたマーリンズ。イチローの弟分でもあるゴードンの穴埋めに外野手のコール・ギレスピー(31=右投げ右打ち)を昇格させた。これでマーリンズの外野陣は5人になった。マッティングリー監督は当面、二塁を控え内野手2人で賄う方針で、イチローの出番が減るのは必至だ。

 ギレスピーは昨季途中にメジャーに昇格し、67試合で145打数42安打の打率2割9分、2本塁打、16打点とまずまずの結果を残した。出場機会が限られながら、得点圏打率3割8分2厘と勝負強さを発揮。得点圏打率2割7厘と好機で凡退が目立ったイチローよりもチームへの貢献度は高かった。

 今季のオープン戦は最後までプレーし、開幕直前にマイナー降格を告げられた。ここまで主に代打で起用されているイチローはギレスピーにその座を奪われかねない。残り57と迫っているメジャー通算3000安打達成は大幅にずれ込む可能性もある。

 イチローは29日(日本時間30日)、ブルワーズ戦に「1番・右翼」で出場。史上8人目の2900安打&500盗塁を達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る