イチローに痛手 弟分ゴードン出場停止で「出番激減」必至

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手の出場機会はますます減りそうだ。

 28日(日本時間29日)、昨季の首位打者ディー・ゴードン二塁手(28)がドーピング違反で80試合の出場停止処分を受けたマーリンズ。イチローの弟分でもあるゴードンの穴埋めに外野手のコール・ギレスピー(31=右投げ右打ち)を昇格させた。これでマーリンズの外野陣は5人になった。マッティングリー監督は当面、二塁を控え内野手2人で賄う方針で、イチローの出番が減るのは必至だ。

 ギレスピーは昨季途中にメジャーに昇格し、67試合で145打数42安打の打率2割9分、2本塁打、16打点とまずまずの結果を残した。出場機会が限られながら、得点圏打率3割8分2厘と勝負強さを発揮。得点圏打率2割7厘と好機で凡退が目立ったイチローよりもチームへの貢献度は高かった。

 今季のオープン戦は最後までプレーし、開幕直前にマイナー降格を告げられた。ここまで主に代打で起用されているイチローはギレスピーにその座を奪われかねない。残り57と迫っているメジャー通算3000安打達成は大幅にずれ込む可能性もある。

 イチローは29日(日本時間30日)、ブルワーズ戦に「1番・右翼」で出場。史上8人目の2900安打&500盗塁を達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る