イチローに痛手 弟分ゴードン出場停止で「出番激減」必至

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手の出場機会はますます減りそうだ。

 28日(日本時間29日)、昨季の首位打者ディー・ゴードン二塁手(28)がドーピング違反で80試合の出場停止処分を受けたマーリンズ。イチローの弟分でもあるゴードンの穴埋めに外野手のコール・ギレスピー(31=右投げ右打ち)を昇格させた。これでマーリンズの外野陣は5人になった。マッティングリー監督は当面、二塁を控え内野手2人で賄う方針で、イチローの出番が減るのは必至だ。

 ギレスピーは昨季途中にメジャーに昇格し、67試合で145打数42安打の打率2割9分、2本塁打、16打点とまずまずの結果を残した。出場機会が限られながら、得点圏打率3割8分2厘と勝負強さを発揮。得点圏打率2割7厘と好機で凡退が目立ったイチローよりもチームへの貢献度は高かった。

 今季のオープン戦は最後までプレーし、開幕直前にマイナー降格を告げられた。ここまで主に代打で起用されているイチローはギレスピーにその座を奪われかねない。残り57と迫っているメジャー通算3000安打達成は大幅にずれ込む可能性もある。

 イチローは29日(日本時間30日)、ブルワーズ戦に「1番・右翼」で出場。史上8人目の2900安打&500盗塁を達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る