ハム近藤と正反対…西武・森友哉は二軍で捕手出場ゼロ

公開日:  更新日:

 選手名鑑に「入団当時は捕手だったが」と書かれる日も遠くない。

 27日に日本ハムの近藤が14年以来2年ぶりに二軍落ちした。打率.256という打撃もさることながら、最大の目的は捕手復帰。二塁への送球イップスが原因で本業を離れ、今季は主に右翼とDH出場がほとんどだった。一度二軍に落とし、本格的に捕手復帰への道筋を立てようというのだ。

 そこへいくと、すっかり影が薄くなったのが西武の森友哉(20)だ。

「打てる捕手」として、13年ドラフト1位で大阪桐蔭からプロ入り。昨季は17本塁打、68打点と打線の中軸を担ったが、捕手としての出番はなし。右翼とDHが本職となっていた。

 今季は開幕から16試合で打率.209、1本塁打、5打点。バットの調子が上がらず、4月23日に登録抹消された。交流戦で一軍昇格予定も、期待されているのは長打力のみ。二軍でも捕手出場は一試合もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る