西武・高橋オープン戦炎上…心配される「捕手・森」の評価

公開日: 更新日:

 西武森友哉(20)が4日の楽天戦に3番・捕手でスタメン出場した。

 正捕手の炭谷がこの日から侍ジャパンの強化試合のため、チームを離脱。炭谷不在のオープン戦4試合が森にとって捕手としての「最終テスト」となっているが、先発の高橋光成が4回7安打7失点と大炎上。田口バッテリーコーチは「今は味方を知る時期。経験して投手のいいところ、悪いところを知ってほしい」と、指摘した。

 もっとも、森とすれば、「コウナ(高橋)、頼むよ!」の心境ではないか。

 高橋は森の1年後輩で、13年の高校日本代表ではバッテリーを組んだ。2月3日の高橋の誕生日にプレゼントを贈るなど、公私で可愛がっており、高橋も「森さんとは年が近いしやりやすい。いつかバッテリーを組みたい」と言っていた。

 が、この日は初回に先頭の岡島に安打を浴び、牽制悪送球で二進を許すと、藤田に適時打、新助っ人のゴームズに2ランを浴びて瞬く間に3失点。「変化球に頼ってカウントを悪くし、ストライクを取りにいって打たれた」と、反省しきりの高橋だったが、投手の炎上はただでさえ芳しくない首脳陣の「捕手・森」の評価に直結する。このままでは今年も森がマスクをかぶる姿を見られなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る